新型コロナの発信源、中国にはコロナ渦から回復し再び経済活動が活発となっています。
現在世界の25%も占める世界の工場となっている中国。
以前にも増して輸出が増えています。

マスクは360億ユーロの利益をもたらし、コロナ対策に使われる防護服など、様々な製品が世界各国に輸出され、昨年の輸出シェアの21%から25%に伸ばしています。

また、外出制限などを取っているなか、フィットネスバイク、パソコン、テレビ、オーディオ製品など家で楽しめる製品の輸出で活況です。このような機器を作ったいる会社の中には、欧米からやってきて工場を立ち上げた人も多く、製品のレベルは高く、先進国への輸出も昔ながらの低品質では無く、マーケットニーズも満たしています。

このように、完全に欧米向けに生産されている企業では、輸出を倍増しているところも多く、最も楽観的な予測でも達成には数年かかると見られていた水準を、今回のコロナで達成したと言います。

中国全体でも10%の伸びを見せています。