子ども遊び場の全面禁煙

espace sans tabac

フランス国内の子どもの遊び場を全面禁煙にする行政命令が出ました。
違反した場合は68ユーロの罰金が科せられます。

子どもの遊び場は空気が良くなくてはならないというわけで、多くの人たちはこの禁煙処置を好意的に受け止められています。
「自分は吸うけれど、自分の子どもにも吸ってもらいたくないし、子どもの前では吸わない」
「外でも子どもの前で吸うのは良くない」
「子どもに悪い影響を与えてしまう。」
「思春期になったときにタバコの誘惑に負けてしまう」

懐疑的な意見もあります。
「外でなら良いのでは?」
「何でも禁止というのは、いかがなものか?」
この処置は教育的な意味が大きいそうです。
将来、喫煙しない世代を作るためだといいます。そのためには、子どもの環境からたばこを無くさないといけないのです。

行政はレストランなどにも禁煙を広げたいと考えていますが、店側は躊躇しています。喫煙のために店に来る客は売り上げの35%をしてているからです。

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 世界各国の平均寿命は2008年の国連の調査によると、1位が日本82.7歳、次に香港、スイス、アイスラ…
  2. 衆議院議員選挙もいよいよ終盤戦。地方分権を叫びながら、地方自治体の政策に反対する選挙演説を聴くたびに…
  3. ここのところ中国にあった製造工場を閉鎖し、フランスへ戻ってくる企業が出てきている。中国では人…
  4. 市民の提案による国民投票は、イタリアやスイスで導入されているが、フランスではなかなか実現されてこなか…
  5. 現在日本からフランスへは、400以上の企業、約30900人が住んでいます。特にフランスなど海外に派遣…
  6. フランスでは先日サルコジ大統領によって、パリを改造する都市計画「グランパリ」が発表された。 空港と…
  7. espace sans tabac
    フランス国内の子どもの遊び場を全面禁煙にする行政命令が出ました。 違反した場合は68ユーロの罰金が…
ページ上部へ戻る