幼児のテレビ鑑賞は禁止すべき?

幼児にテレビを見せてもいいのか、悪いのか。年少者を育てる親なら誰もが悩むテーマだが、どんな育児書でもテレビを推奨するものは見当たらないだろう。

フランスでも、テレビが年少者に与える影響が懸念されており、今回視聴覚高等評議会から、年少者の親に向けて、テレビが与える影響を警告するキャンペーンが開始される。キャンペーン中は、年少者向けの番組に、年少者にとって危険であることを告げるマークをつけて放映される。

フランスでは2年ほど前にも、年少者向けの教育チャンネルが視覚を麻痺させる恐れがあると問題になった。テレビは刺激が強すぎて成長によくないうえ、常に情報を受け取るだけの受身な姿勢で身体を動かすことを忘れてしまうという。

ここまで公にキャンペーンが実施されるのがフランスらしいが、実際にテレビが悪影響を及ぼしたという実証にも乏しいのが実情だ。視覚的に悪影響なのではないか。と予防的観点からここまで動けるのは、電磁波の影響を懸念するキャンペーンにも近しいものがある。

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. バカンスと言えばフランス人。フランス人はよく遊び、ほどほどに働くといったイメージを持つ人は多い。その…
  2. 日本ではシニアの雇用が促進されるよう厚生労働省が様々な施策を講じており、定年の引き上げや継続雇用制度…
  3. 日本では最近幼児教育がブームになっているようだ。少子化傾向の分、ひとりの子供に注がれるお金やパワーが…
  4. OECD加盟国によるPISA(学習到達度調査)の2009年度の結果が発表された。PISAは3年ごとに…
  5. アメリカの国債の格付けをスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が最高のAAAから一段階引き下げたこ…
  6. まぐまぐ!プレミアム:フランスジャーナルよりフランスはカトリックの国のため、日曜日は休息日と…
  7. 衣服を購入するとき、「Made in China」が珍しくなくなったのはいつ頃のことだろうか。安価な…
ページ上部へ戻る