欧州市民がストラスブールで欧州のビジョンを語る

この週末は、ストラスブールの欧州議会で開催された「ヨーロッパの未来に関する会議」に選ばれた市民たちの最初のワーキングミーティングが行われました。4回の週末に、4つのテーマで800人のヨーロッパ人があらゆる年齢層で議論します。

ストラスブールのアンジェリック・フェラット特派員より

世論調査機関によって無作為に選ばれた彼らは、見たこともない欧州議会を散策する。半球では、質問をするためのマイクに少し苦労することもあるそうです。専門家によるプレゼンテーションと、少人数のグループによる討論会の間を行き来します。

9月18日(土)から、800人のあらゆる年齢層の欧州人が、欧州連合に求める教育、経済、デジタルトランスフォーメーションについて議論してきました。Jessica Bangabéléさんは、パリ近郊のナンテールに住む若いコミュニケーション学生です。彼女は感動し、とても興奮しています。”電話がかかってきたとき、最後までデマだと思っていました。でも、最終的に電車のチケットを手にしたとき、どうやら本当らしいと思ったんです」と言う。環境や若者など、私にとって重要な多くの問題について、自分の意見を伝え、できれば若者だけでなく、ヨーロッパの物事に影響を与えることができるのは、本当に素晴らしい機会だと思います。

社会的正義

市民は社会正義の必要性を強く主張し、補償のないユニバーサルインカムのアイデアを打ち出し、27カ国をまとめるためにヨーロッパの歴史コースを設けてはどうか?つまり、あらゆる方向からアイデアが出てくるのです。そして、その作業は来年1月まで続きます。欧州議会、欧州委員会、欧州理事会は、市民の提案を考慮することを約束した。

シェアしよう!