消費税引き下げでもレストラン価格下らず

フランスの外食産業へのTVA(付加価値税)引き下げについてのニュースは、これまでにも何度かお伝えしているが、7月1日より税が引き下げられ、早速効果測定が行われている。

TVAが19.6%から5.5%に引き下げられたことで、レストラン側も客への商品提供価格を安くすることが求められるが、7月の平均価格は1.3%しか下がっておらず、8月にいたってはたった0.2%のマイナスに留まった。

この引き下げには政府の負担が約25億ユーロと言われており、ここまで引き下げが実現できていないとすると実施が続くのかはかなりあやしくなってくる。政府としても経過をみていく、としている。

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. フランスでバカロレアは絶対か?

    日本よりも学歴社会と言われるフランスでフランスの大学入学資格であるバカロレアの合格者が発表され、大学…
  2. 携帯めぐる教師と生徒の騒動

    パリ市内の高校で、携帯電話の使用を教師に禁止された生徒が、「先生を変えてほしい」と校長に訴えるほか、…
  3. 増税を望む大富豪

    フランスの税金が安いという印象はないが、フランス国債が格下げの危機にあり、フランス大富豪連合は、高額…
  4. フランスの税制

    衆議院議員選挙もいよいよ終盤戦。地方分権を叫びながら、地方自治体の政策に反対する選挙演説を聴くたびに…
  5. ボルドーの持続可能なワイン造り

    ボルドーはフランス最大のAOCワイン生産地で世界のブドウ畑の1.7%を占めています。年間約6億75…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial