第3回フレンチビジネス大賞(2014)

今年で3回目となったフレンチビジネス大賞は、在日フランス商工会議所の会員企業から応募された企業によって選考される賞です。3回目となると選考基準や賞の性格が見えてきました。フランス本国での成果や業績とは全く切り離されて、日本市場での成功が重要視されている点です。大賞であるカンパニー・オブ・ザ・イヤー以外に合計5つの賞が用意されていますが、日本国内での功績が選考において最も重視されている印象です。選考には公平性を期すために、監査法人の同席も行われています。

前2回のカンパニー・オブ・ザ・イヤーは、一般的にもよく知られた食品メーカーでしたが今年は業務用通信メーカーでした。ベスト中小企業(SME)部門は、前2回はIT企業、今回は彫刻機メーカーとテクノロジー関連企業から選ばれています。
ダノンは、3年連続受賞しています。(1回:カンパニー・オブ・ザ・イヤー、2回:環境貢献部門)

フレンチビジネス大賞2014
○カンパニー・オブ・ザ・イヤー:日本アルカテル・ルーセント株式会社
  世界的な通信機器メーカー。Docomoの第4世代携帯電話向けのIPルーターなど導入において成功したようです。

○審査員特別賞:エス・テー・デュポン ジャパン株式会社
  緻密な彫刻で知られるライター、高級文具、宝飾品などのブランド

○ベスト中小企業賞:グラボテック株式会社
  グラスやコンピューター機器など様々なへの彫刻を行う機器やそのソフトウェアー開発企業

○イノベーション賞:ダノンジャパン株式会社
  「ダノン・ビオ2層仕立て」がヨーグルト新商品市場で売り上げナンバー1を記録。製品の開発、製造は全て日本で行っている。

○環境貢献賞:アルケマ株式会社
  炭素成分ヒマシ油100%で作られた植物由来樹脂。石油からではなく植物から製造することにより二酸化炭素排出量を抑えることが出来る。(植物生成時に二酸化炭素を吸収するため)

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 2011-3-28

    フランスの救助部隊満足に活動できず

    フランスの救助隊120人が救助装備と共に日本に到着し、救助にあたりましたが、あまり満足な活動が出来ず…
  2. 2009-9-24

    幼児教育への関心高まる

    日本では最近幼児教育がブームになっているようだ。少子化傾向の分、ひとりの子供に注がれるお金やパワーが…
  3. 2010-1-5

    シニアの雇用促進

    日本ではシニアの雇用が促進されるよう厚生労働省が様々な施策を講じており、定年の引き上げや継続雇用制度…
  4. 2015-5-8

    次世代原子炉はコンコルド(超音速旅客機)となってしまうのか?

    次世代原子炉が元凶 フランス原子力最大手のアレバが経営難に陥っています。 全世界の従業員の1…
  5. 2010-7-2

    フランス製の高級品、輸入品と勝負

    衣服を購入するとき、「Made in China」が珍しくなくなったのはいつ頃のことだろうか。安価な…
  6. 2018-5-19

    アペリティフ in 東京、代官山で開催

    今年は日仏交流160周年を迎え、フランス関係イベントもいろいろ開催されています。その中でも15年前か…
  7. 2010-12-21

    広がるアンチユーロ派の主張

    欧州中央銀行は理事会を開き、5500億円規模の増資を行うと発表した。この金額は、今の2倍の規模にあた…
ページ上部へ戻る