2030年までにエネルギー消費を削減するための欧州連合内の合意

3月10日金曜日、欧州機関は、2030年にエネルギー消費量を11.7%削減することを目的としたエネルギー効率に関する法律を採択した。交渉は数ヶ月前に3つのヨーロッパの機関の間で始まり、それぞれが非常に遠い野心を擁護しました。

ブリュッセルの特派員、ピエール・ベナゼと

14.5%の削減目標を設定したMEPにとって、合意が全くないよりも少し野心的ではない合意を持つ方が良いです。これはEUの代表者にとって特に重要であり、行政だけでなく企業からも努力が必要になるため、政治的シグナルは重要です。新しい欧州エネルギー効率指令は、2030年までにCO2排出量を55%削減するという目標に向けたEUのツールの1つです。

欧州連合が定量化されたエネルギー効率目標とそれを実施するメカニズムを設定したのはこれが初めてです。この改革を軌道に乗せるには、欧州議会議員と27の政府の間で16時間の長い交渉がかかりました。

ウクライナでの戦争はこの決定を加速させた

以前の指令は2018年と日付で、それ以来、欧州委員会はカーボンニュートラルを主要な優先事項の1つにしました。改革提案はほぼ2年前に策定され、その必要性はウクライナでの戦争のエネルギー影響によって加速されました。

「最も安いエネルギーは使用されていないエネルギーです」とMEPは要約し、消費削減の目的が議会が要求するよりも低いとしても。毎年消費量を1.5%、行政を1.9%削減する必要があり、模範を示す必要があります。

11.7%の削減は、2020年に10年間に確立された消費シナリオと比較して固定されており、特に最もエネルギー集約的な産業に関係します。コンピュータデータセンターは継続的に評価される産業の一部となり、これらのヨーロッパの省エネは輸送と建設の両方に関係します。

https://www.rfi.fr/fr/europe/20230311-accord-au-sein-de-l-union-européenne-pour-réduire-la-consommation-d-énergie-d-ici-2030

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1690
Enable Notifications OK No thanks