米国国務長官アントニー・ブリンケン、2021年9月23日。Reuters - eduardo munoz

Antony Blinken in Paris: アメリカの報道機関が伝えた緊迫した国務長官の訪問

OECDの会議に出席するためにフランスの首都に滞在しているアントニー・ブリンケンは、フランス人のJean-Yves Le Drianと会う予定です。最近、オーストラリアが米国との取引を優先してフランス製潜水艦の発注を取りやめたことで外交危機に陥り、フランスとの和解を目指している。

アメリカの報道によると、フランス語が堪能なアントニー・ブリンケンは、かなり冷遇されているようだ。しかし、米国の外交責任者は、10代の頃に10年間過ごしたパリを「第二の故郷」と考えています。青年期からフランスを愛し、昨年6月に来日した国務長官は、フランスの首都で温かく迎えられました。

しかし、文脈は変わっています。インド太平洋パートナーシップのサプライズ発表と、オーストラリアがアメリカの潜水艦を購入するためにフランスの潜水艦の購入を中止したことで、日米間に未曾有の危機が訪れた。ニューヨーク・タイムズ紙によると、フランス側は、昨年6月に訪問したアントニー・ブリンケン氏が、なぜオーストラリアと英国との協定の計画を知らせなかったのか、理解に苦しんでいるという。

アメリカ外交のトップは、パリの怒りに不快感を隠さない、とWashington Postは書いています。彼はフランスとのつながりがあるため、米国の最も古い同盟国の危機に個人的に影響を受けることもあるだろう。アメリカの報道によると、アントニー・ブリンケンはパリとの緊張関係を和らげるためにあらゆる魅力を発揮するという。しかし、そのためには時間がかかり、具体的なコミットメントが必要であることも承知しています。

シェアしよう!