レバノンでは、カルロス・ゴーンの身柄引き渡しは成功しそうにない。

レバノンの司法・政治界は、フランスの司法当局がカルロス・ゴーン氏に対して国際逮捕状を発行する決定を下したことについてコメントを発表しなかった。ルノー・日産アライアンスの元ボスは、日本からの驚くべきフライトの後、レバノンに住んでおり、ナンテールでの捜査の一環として、社会財産の乱用、マネーロンダリング、汚職の容疑で起訴されている。

ベイルートの特派員、ポール・カリフェと。

ある法律関係者がRFIに語ったところによると、カルロス・ゴーンに対して出された逮捕状は、レバノン当局によって執行される可能性は低いという。レバノンの法律では、自国民の引き渡しを明確に禁止している。外国で起訴されるレバノン国民は、レバノンで裁判を受けなければならないことが文章で示されている。さらに、レバノンの司法制度は、カルロス・ゴーン氏に対して渡航禁止令を出した。

元自動車王は、フランスで受けている捜査の一環として、昨年6月にベイルートで5日間、フランス人判事による自由尋問を受けました。昨年3月には、フランス人判事がレバノンの首都に2度目の出張を行い、証人尋問を行いました。

世論の支持を受けるカルロス・ゴーン氏

カルロス・ゴーンは、レバノンの政治当局の保護と、国際的に成功した実業家を体現している多くの世論の支持を受けている。日本からの驚くべきフライトの後、彼はミシェル・アウン共和国大統領に迎えられた。

ゴーンはベイルートでひっそりと暮らし、私立大学で講義をしている。最近は、2年半にわたってレバノンを襲っている経済・政治危機について語ることを避け、慎重な姿勢を見せている。

メールマガジン購読

 

https://www.rfi.fr/fr/moyen-orient/20220423-au-liban-l-extradition-de-carlos-ghosn-a-de-faibles-chances-d-aboutir

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 881
Enable Notifications OK No thanks