中国の暗号通貨大手バイナンスがフランスで認可される

中国の暗号通貨大手バイナンスは、5月4日、フランス金融市場庁から登録を受けました。Binanceは最大の暗号通貨交換プラットフォームの1つです。ヨーロッパを中心とした国際展開のために、もう一歩。

このAMFのゴマカシは、バイナンスが見逃さなかった欧州へのゲートウェイである。フランス支社長のDavid Prinçay氏は、今回の認可は「国際的な規制を遵守する真剣さと意欲」を証明するものだという。

9000万人の顧客を持つ世界最大の暗号通貨取引所プラットフォームとされる同社にとって、正当性の欠如は悩みの種です。確かに米英の規制当局からは、マネーロンダリング対策に手段を選ばないとの批判を浴びている。

フランスのコインハウス社と競合

このAMFからの認可により、バイナンスはフランスの規制を遵守することを余儀なくされます。しかし、デジタルアセットサービスプロバイダーとして登録されている。これにより、フランス国内でのマーケティングや商業活動の展開の可能性が広がります。

フランスにおけるBinanceの野望:暗号通貨を中心としたエコシステムを構築すること、また、すでに将来のヨーロッパのリファレンス暗号銀行と目されているフランスの企業Coinhouseと国内で競合すること。

 

メールマガジン購読

https://www.rfi.fr/fr/économie/20220506-le-géant-chinois-des-cryptomonnaies-binance-autorisé-en-france

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 819
Enable Notifications OK No thanks