Opecは原油価格を変えると決めているわけではない

予想通り、産油国はさらなる限界的な採掘量の増加で合意した。6月の月間総生産量を日量432,000バレル上方修正するとのことです。原油価格の高騰にもかかわらず、OPECはそのロードマップから逸脱していない。

OPECの13カ国とOPEC+と呼ばれる10カ国のパートナーは、毎月のように非常に緩やかな増産戦略を貫いている。この戦略は、世界経済がパンデミックのショックから回復し始めた2021年春に開始されました。ウクライナ戦争で原油価格が新たに高騰し、各方面からさらなる蛇口開放が叫ばれているが、何も変わっていないのである。

特に、カルテルの警戒心が、中国の健康政策で強化されるようになったからだ。中王国はここ数週間、最悪の感染症に直面しています。経済の中心地である上海に続き、北京の住民も監禁を恐れるようになった。

また、ウクライナ戦争やインフレの高騰により、世界のビジネスも苦しくなることが予想されます。OPECが世界の石油需要の見通しを下方修正するような情勢にある。いずれにせよ、カルテルは秋以降、2月を除いて、すでに生産枠の達成に失敗している。

 

https://www.rfi.fr/fr/économie/20220506-l-opep-n-est-pas-décidée-à-faire-infléchir-le-cours-du-pétrole

Default image
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 466