エリザベート・ボルヌと組合、何の約束もしない?

年金改革に反対する動員11日目の前夜、4月5日水曜日にマティニョンで会議。エリザベス・ボルネはソーシャルパートナーを受け取ります。一日の終わりに雇用主の組織、特に朝の組合。8つの組合は改革に反対して団結し、年金問題を議論の中心に置くことを望んでいます。首相は「聞いている」と言っているが、これで十分かどうかわからない。

舞台裏では、賭けが開始されます:組合は今週の水曜日にÉlisabeth Borneによって提案された任命にどのくらい滞在しますか?

首相が改革の本質に戻ることなく対話を再開しようとするとき、彼らは年金、唯一の年金について話すようになりました。

会議のトーンは、組合の新しいナンバー2であるCGT-Cheminotsの事務局長であるLaurent Brunによって設定されています。「エリザベート・ボルヌが改革の撤回を拒否し、他のトピックを検討したい場合、まあ、彼女は自分で話すことが許されるでしょう」と彼は警告します。政府が答えを提供しず、誤解を考慮に入れていないことをもう一度実証します。」

「私たちは年金について話し合うつもりです」

「休戦なし、停止なし、調停なし」とCGTの新しい経営陣は言うが、CFDT側では、改革の撤退なしに、他のトピックは対処できない、また、数日前にフランス情報でローラン・ベルガーを推定した。

「私たちは年金について話し合うつもりです」と彼は保証した。なぜこの改革が行き詰まりなのか、なぜそんなに多くの抗議を集めているのか、そして今日政府側で想像できるように、社会運動の腐敗に賭けない方法を見つけなければならない理由を説明します。」

結果のない2ヶ月半の抗議の後、ストライキの割合が低下し、政府と組合の両方にとって出口を見つける方法。CGTでは、「年金に勝利がなければ、次の改革に再動員することは不可能だろう」と労働組合員は言う。

ブルボン宮殿では、左派は団結しようとします

左派と環境保護主義者の組合は、幹部への圧力を維持しようとしています。La Nupesは今週の火曜日にイニシアチブを増やしましたが、いくつかの意見の相違を隠すことができませんでした。

「私たちはかなり堅実で説得力があった」と、憲法評議会によるヌペス代表団の公聴会の後、社会主義代議員のボス、ボリス・ヴァローは打ち明けた。

代表団は「賢者」に年金改革を検閲するよう説得するのに苦労した。議会の環境グループの会長であるCyrielle Châtelainが歓迎する集団的な努力。

「私たちは決意し、一定であり、労働組合戦線と同様に、年金改革に対する政治的団結が勝利の鍵であることを十分に認識しています」と彼女は言いました。

このユニットが今週の火曜日に亀裂を示したことを除いて。したがって、生態学者、社会主義者、反政府勢力は、エマニュエル・マクロンに改革を撤回するよう求める手紙をエリゼに提出するために共産主義者によって与えられた任命を枯渇させた。

これはPCF代議員のリーダーであるアンドレ・シャセーニュを喜ばせませんでした。「がっかりしていません、ごめんなさい」と彼は言う。私が形而上学と呼ぶ、彼らの考えを変えさせた考慮事項はありますか?たぶん。」

原因は、何よりも、ヌペス戦略の共産主義指導者ファビアン・ルーセルに対する度重なる批判であり、彼によるとあまりにも閉鎖的である。そして、反抗的な副ハドリエン・クルーエがそれを笑うことを好むなら – 「それは素晴らしい日です、あなたはパリの隅々にヌープを持っています、それは素晴らしいです!「-、笑顔は緊張しています。

したがって、共産主義の代議員の大部分は、今週の水曜日の夜に開催されたNupesセミナーをボイコットします。同盟の戦略と将来について正確に話すことを意図した会議。

https://www.rfi.fr/fr/france/20230404-france-élisabeth-borne-et-les-syndicats-un-rendez-vous-pour-rien

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1702
Enable Notifications OK No thanks