専門家は、フランスの農薬削減計画の改訂された欠陥を取り消す

フランスは農薬削減戦略に対する反発に再び直面している。怒った農民の抗議の最盛期に2月に棚上げされたEcophyto 2030計画のバージョン3を展開した後、グリーングループは今週、政府に癌ではなく公衆衛生を選択するよう促した。

アマンダ・モロー

フランスの農業生態学へのより広範な農業シフトのバックボーンであるEcophytoは、2008年に最初に展開されて以来、農薬の使用を半減させるという目標を一貫して達成できていない。

経済的圧力やその他の業界の課題に直面した農家は、害虫駆除の代替方法への切り替えが困難であることを発見しました – 十分なインセンティブやサポートがないと訴えています。

16年後、同じ問題が続いている。

新しい指標

政府は、月曜日に発表された計画は、作物を保護し、代替製品を研究するために年間2億5000万を機器に注ぎ込む一方で、最も有毒な製品を排除するために努力しているため、異なると述べています。

10年の終わりまでに農薬の使用を50%削減するという目標はそのままですが、そこにたどり着く道は変わりました。

毒性レベルに関係なく各用量を均等にカウントした農薬を測定するためのフランスの古いシステムは、危険な農薬の用量により多くの重みを与える調和リスク指標(HRI-1)と呼ばれるヨーロッパのツールに置き換えられました。

批評家は、使用されている用量数に関する情報を提供しない新しい評価方法は、農家が実際よりも少ない農薬を使用しているように見え、進歩の誤った印象を与えるかもしれないと言います。

「真実を隠したいという明確な願望がある」とフランスの緑の党MEPブノワ・ビトーは警告した。

「農薬=癌」と「農薬=殺人」と書かれたプラカードは、2024年2月22日にパリのポルト・ド・ヴェルサイユ展示センターの国際農業見本市の入り口付近で見られます。© AFP - ルドヴィック・マリン
「農薬=癌」と「農薬=殺人」と書かれたプラカードは、2024年2月22日にパリのポルト・ド・ヴェルサイユ展示センターの国際農業見本市の入り口付近で見られます。© AFP – ルドヴィック・マリン

「不作為の方針」

フランスの支配的な農民労働組合であるFNSEAは、Ecophyto IIIに満足していると伝えられているが、環境擁護者は、彼らが20年間の不作為政策を続けていると政府を非難している。

「農民とその家族、そして一般市民の有害物質への意図的な暴露は続くだろう」と、何百人もの科学者や学術機関が署名したル・モンドの論説を嘆いた。

彼らは、政府の職業病リストに載っている「いくつかの農薬への曝露と前立腺癌、リンパ腫、白血病の発症との関連性の強い兆候」を指摘した。

最も脆弱な人々は、農民自身と作物畑の近くに住んでいる人々でした。

「2011年のPhyto-Victimes協会(農薬被害者協会)の農家による創設は、農業界が農薬の大量使用による健康の悪化も認識している証拠である」と論説は述べた。

過去の悲劇

また、1993年までバナナプランテーションで使用された農薬であるクロルデコーンによるマルティニークとグアドループの人々の最大90%の大量中毒を指摘しました。

そのような過去の悲劇は、政治指導者に彼らの責任の程度を指示すべきだと彼らは主張した。

「当時の保健および政治当局の不作為は、ヒトに対するクロルデコーンの毒性に関するデータにもかかわらず、食物連鎖全体の持続的な汚染につながった」と彼らは書いた。

農業界が感じている深い危機を認めながら、有毒化学物質の使用に基づいて生産主義農業を奨励することは、農家が直面する問題の解決に失敗しながら、再び全人口の健康を危険にさらすと警告した。

批判にもかかわらず、政府は再起動された農薬計画を支持しており、フランスを欧州基準に近づけ、EUのより強力な協力を築くのに役立つと述べています。

農薬規制の改正を目的とした7月に提案された法律の計画が進行中です。

https://www.rfi.fr/en/environment/20240511-experts-weed-out-flaws-in-france-s-revamped-plan-to-cut-pesticides-ecophyto

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1701
Enable Notifications OK No thanks