オーストラリアの “裏切り “とキャンベラ・ワシントン・ロンドンの新同盟の後、インド太平洋地域ではカードが再編成された。この戦略的な地域において、パリはどのような場所で、どのような役割を果たすのでしょうか。

オーストラリアから顔面を殴られたフランスは、再び鞍部に戻ってきたい。キャンベラが9月15日に潜水艦購入のメガ・コントラクトをキャンセルしたことや、豪米英の戦略的提携「Aukus」を発表したことは、大きな痛手です。外務大臣のJean-Yves Le Drianはその事実を隠しもせず、同盟国からの「後ろからの一撃」とまで言っていた。

実際、産業面での影響だけでなく、インド太平洋におけるフランスの野心を阻害するものでもあります。地政学者のサンドリーヌ・テイソンネールは、専門サイト「Asianyst」の寄稿者として、「ロサンゼルスからケニアのモンバサまで続くこの軸」と表現しています。現在、人口の60%がそこに住み、世界のGDPの3分の2がそこで生み出されています。また、巨大なセキュリティ問題が集中する場所でもあります。そのため、オーストラリアの発表は、近年戦略的重要性を増している地域の地政学的状況を変化させます。「突然、フランスのスペースが見捨てられてしまった」とサンドリーヌ・テイソンネールは指摘する。その証拠に、オーストラリアの発表から数日後にエコノミスト誌が発表した地図を挙げている。「それを見ると、日本からオーストラリアまで、インドネシア、東南アジアの一部、中国海、インドを含む縦のラインが描かれていて、フランスが地図から消えているのがわかる。

しかし、フランスはアジアの旧植民地との歴史的なつながりだけでなく、160万人が暮らす7つの海外領土(レユニオン、マヨット、ニューカレドニア、フランス領ポリネシア、ウォリス・フツナ、クリッパートン、エパルシャン諸島、フランス領南・南極地域)のおかげで、インド太平洋の「主権国家」であることを強調したがることが多い。これらの領土は、世界で2番目に大きい海洋区域です。この地域に常駐している約7,000人の軍人は言うまでもありません。

La France, AUKUS et l’Indo-Pacifique. © RFI

掛け合わせ、深め合う関係

だからこそ、それを頼りにする必要があるのです。そのため、オーストラリアの発表による危機以降、パリはゲームに参加していることを示すために、ゾーン内の国々との和解の兆候を増やしています。例えば、10月30日にローマで開催されたG20の傍らで、エマニュエル・マクロンはインドネシアのジョコ・ウィドドと一緒にいるところを目撃されました。また、フランス大統領は、両国が「インド太平洋における真の強化された戦略的パートナーシップに取り組むことを決定した」とし、このパートナーシップは「特に生態系の移行の問題、インドネシアの雇用と成長への支援、ポストコヴィッドの回復に焦点を当てる」と明記した。

同日、インドのナレンドラ・モディ首相とフランス大統領との会談が行われました。両国は、「二国間、地域、国際的な面で、インド太平洋戦略をさらに推し進めようという共通の意志」を示したとエリゼは述べています。フランス大統領府は、「信頼、独立、団結というインド太平洋における我々の行動の指針となるべき原則について、フランスとインドの間で大きな収束が見られた」と強調することを怠りませんでした。そして、「フランスが2018年にインド太平洋戦略を当初定めていたのは、インドとの関係である」と明記する。

同じレトリックを、再びG20で、韓国のムン・ジェイン大統領と交わしています。エリゼ宮は「インド太平洋を安定と繁栄の空間にするために協力し、民主主義の価値や主権と独立の原則を守ることで合意した」と述べています。

また、11月3日から5日にかけて、フランスの首相がベトナムの首相を公式訪問しており、外交的努力は継続しているようです。両首脳が「2013年に締結された戦略的パートナーシップを深める決意」を主張した会談であると、エリゼのプレスリリースは伝えています。さらに、ジャン・カステクス氏とファム・ミン・チン氏は、「ハイレベルな交流と接触を強化し、衛星などの分野における仏越両国のパートナーシップの新たな段階に向けて深く協力し、パートナーシップのレベルアップを図る」ことに合意しました。

ゾーン内の国々の多様な選択肢となるフランス

この「熱気」は、「この地域での協力関係を多様化、深化させる必要性と、既存のパートナーシップをより明確にしたいという願望」を反映していると、Inalco社の政治学教授であるDelphine Allès氏は分析しています。また、大国(日本、オーストラリアなど)に頼るだけでなく フランスは、ラファール約40機を導入したインドや、2011年から戦略的パートナーシップを結んでいるインドネシアと、防衛協力を含めた緊密な関係を長年維持していると指摘します。

「また、東南アジア諸国連合(アセアン)との協力関係を強化するためには、まず主要国との二国間協力を強化しなければならないという認識もあるかもしれません。これは、組織のインド太平洋戦略を推進してきたインドネシアの場合です。

しかし、パートナーシップの多様化に関心があるのは、フランスだけではありません。この専門家が指摘するように、Aukus同盟は「この地域の国々が一つのバスケットにすべての卵を入れないことを求めている」のです。自律的であること、つまり、ワシントンの支配下に入ることなく、北京との距離を保つこと。デルフィーヌ・アレ氏によると、このような様々な会議や宣言は、彼らにとって「鉄がまだ熱いうちに攻撃する」ための手段なのだという。「束縛的な二国間主義に陥らないための協力関係の構築。非同盟の伝統が生まれた地域で、ちょっとした新解釈をしたものです」と説明する。

緊張が高まる中、「フランスには占領すべき場所があるのでは?

多極化と、中国と米国という2つの超大国の間での一種の冷戦に戻ることへの恐れ?インドネシアやマレーシアなどはオークスへの懸念を隠さず、中国の外交官である趙麗珍は「米英豪の原子力潜水艦協力は地域の平和と安定を著しく損なう」と指摘している。この地域に定着しつつある軍国主義や、アメリカが台湾に介入する可能性をめぐる戦争のようなレトリックに直面して、「フランスには占有すべき場所があるかもしれません」とサンドリーヌ・テイソンネールは言います。この新しいゲームで、フランスはこの地域での自分の立場を再定義する機会になるかもしれません。というのも、同盟関係や地域での外交バランスの問題とは別に、誰が誰に対抗し、誰が誰と一緒にいるのかということとは別に、「何のために」という問題があるからです。武器を売っているのか、それともソフトパワー、教育、科学分野、経済発展、グリーン&ブルー・エコノミーに取り組んでいるのか。この沸騰する空間で、フランスはどのような役割を果たしたいのか。地政学者にとって、今は「真実の瞬間」であり、「フランスはおそらく転換期にある」のです。”フランスは、安全保障理事会のメンバーとして核保有国としての地位を維持し、核技術への愛着を持ちながら、不拡散の言説を持つことができるのか?これは別の質問です。

しかし、パートナーシップの多様化に関心があるのは、フランスだけではありません。この専門家が指摘するように、Aukus同盟は「この地域の国々が一つのバスケットにすべての卵を入れないことを求めている」のです。自律的であること、つまり、ワシントンの支配下に入ることなく、北京との距離を保つこと。デルフィーヌ・アレ氏によると、このような様々な会議や宣言は、彼らにとって「鉄がまだ熱いうちに攻撃する」ための手段なのだという。「束縛的な二国間主義に陥らないための協力関係の構築。非同盟の伝統が生まれた地域で、ちょっとした新解釈をしたものです」と説明する。

緊張が高まる中、「フランスには占領すべき場所があるのでは?

多極化と、中国と米国という2つの超大国の間での一種の冷戦に戻ることへの恐れ?インドネシアやマレーシアなどはオークスへの懸念を隠さず、中国の外交官である趙麗珍は「米英豪の原子力潜水艦協力は地域の平和と安定を著しく損なう」と指摘している。この地域に定着しつつある軍国主義や、アメリカが台湾に介入する可能性をめぐる戦争のようなレトリックに直面して、「フランスには占有すべき場所があるかもしれません」とサンドリーヌ・テイソンネールは言います。この新しいゲームで、フランスはこの地域での自分の立場を再定義する機会になるかもしれません。というのも、同盟関係や地域での外交バランスの問題とは別に、誰が誰に対抗し、誰が誰と一緒にいるのかということとは別に、「何のために」という問題があるからです。武器を売っているのか、それともソフトパワー、教育、科学分野、経済発展、グリーン&ブルー・エコノミーに取り組んでいるのか。この沸騰する空間で、フランスはどのような役割を果たしたいのか。地政学者にとって、今は「真実の瞬間」であり、「フランスはおそらく転換期にある」のです。”フランスは、安全保障理事会のメンバーとして核保有国としての地位を維持し、核技術への愛着を持ちながら、不拡散の言説を持つことができるのか?これは別の質問です。

第三の道」は可能なのか?”来年はもっと情報が増えるかもしれません。CNRSの名誉研究員でアジアセンターの上級研究員であるJean-Luc Racineは、「フランスは2022年初頭にEUの輪番制議長国に就任する予定であり、パリはインド太平洋を議長国の優先事項とすることを強調しています。いずれにせよ、EUは最近、インド太平洋に関する一般的な政策文書を採択しました。”Indo-Pacific “に自らを位置づけ、行動しなければならないという集団意識の表れではないかと研究者は考えている。

 

https://www.rfi.fr/fr/asie-pacifique/20211115-après-la-crise-des-sous-marins-la-france-cherche-sa-place-dans-l-indo-pacifique