フランスは、市民の報告に続いて、終末期ケアを強化する法案を優先する

フランスのエマニュエル・マクロン大統領は、政府と議会に、死の支援の可能性と緩和ケアを改善するための10年間の国家計画を含む終末期ケアの問題に関する法案の起草に協力するよう求めた。

月曜日の発表は、マクロンが過去3ヶ月間、人間の人生の終わりに関する既存の法律が実際の状況に適応するかどうかを決定するために費やしたランダムに任命された市民大会のメンバーと会った後に行われました。

夏の終わりまでに準備される法案は、何らかの形の援助が死ぬことを圧倒的に支持した大会の仕事に基づいて構築することです。

医療関係者が誰かに自殺する手段を与える自殺幇助、または自発的な安楽死 – 医師がその人の要求に応じて人の人生を終わらせるために積極的な役割を果たす自殺 – は、ヨーロッパのいくつかの国で許可されています。

マクロンは、フランスで安楽死や自殺幇助を許可するかどうか、または法案にどちらかまたは両方が含まれるかどうかは言わなかった。

倫理的な反対

医療倫理規制機関であるフランスの医師団は、人々が人生を終わらせるのを助けることに医師を巻き込むことに反対しています。法律の変更には、医師が致死薬の投与をオプトアウトすることを可能にする「良心条項」を含める必要があると述べた。

しかし、一部の医師は「アンダーハンド」方法の終了を求めており、終末期ケアは自分が何をしているかを知っている医師によって正しく処理できると主張しています。

法律の変更に賛成する人々はまた、緩和ケアは十分に広く利用できず、フランスの101の行政部門のうち26の住民は緩和ケアにまったくアクセスできないと主張しています。

https://www.rfi.fr/en/france/20230403-france-prioritises-bill-to-boost-end-of-life-care-following-citizens-report

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1749
Enable Notifications OK No thanks