Les Francophonies 2021:「フランスにおけるフランス語圏の創造の場とは?

今週水曜日(9月22日)、執筆活動から舞台まで、フランコフォニーの祭典「Les Zébrures d’Automne」がリモージュで開幕します。このユニークなシアターラボラトリーでは、12の作品を含む約50のショーが観客を待っています。同時に、監督のHassane Kassi Kouyaté氏は、恒久的な活動の場を持たないこの映画祭に深い懸念を示しています。「フランスでは、フランコフォンの創造にどのような場所を与えるのでしょうか?

RFI: リモージュで開催される「Zébrures d’Automne des Francophonies」で、今年はなぜ中東に焦点を当てているのですか?

Hassane Kassi Kouyaté: 世界のさまざまな地域で、フランス語圏の創造の現実と、その地域で話されている言語について、時間をかけて話し合うことが重要なのです。毎回、世界の一部分に焦点を当てています。去年はアフリカでした。今年は「アジア・中東」をテーマに、レバノン、パレスチナ、インド…などの作品が登場します。

8月に入ってから、アフガニスタンがクローズアップされています。今回の映画祭では、フランコ・アフガンのゴンクール賞受者アティク・ラーヒミの小説をもとに、フランコ・アルゼンチン人の演出家クララ・バウアーが手がけた舞台「Une pierre de patience」を上演していますね。このテキストは、どのような形で時事問題を反映しているのでしょうか?

私たちの芸術作品の決定は、1年半から2年前に行われるので、実際には時事問題が私たちの芸術プロジェクトに追いついたのです。私たちにとって、アジアや中東を語る上で、Atiq Rahimiのような確立されたアーティストを呼ぶことは重要なことでした。Atiq Rahimiは複数の芸術分野で表現する完全なアーティストです。この作品は、フランス系アルゼンチン人のクララ・バウアーと、インドの俳優・音楽家との出会いから生まれました。世界のさまざまな地域からアーティストを集めることはとても重要なことでした。A Stone of Patience』のストーリーは、現代の普遍的な問題である女性の自由についてです。

トマ・サンカラの妹であるオディール・サンカラは、カメルーン人のレオノーラ・ミアーノのテキスト「Et que mon règne arrive」の制作を準備しています。このテキストは、女性の統治を想像させるものです。ブルキナベの監督のアプローチのオリジナリティとは?

今日の多くのクリエイターと同様に、オディール・サンカラも女性性、平等性、ジェンダーの問題に関心を持っています。彼女は非常に長い間、この闘争に関わってきましたが、この国や大陸では、女性アーティストに関する問題があらゆる瞬間に提起されています。しかし、このような関心事は、アフリカだけではありません。この仕事をするために、オディールは偉大な作家、レオノーラ・ミアーノに声をかけた。また、これらの懸念を浮き彫りにするために、2人の偉大な女性の出会いがあります。オリジナリティは、才能と信念を持った2人の女性が、ベナンのフロリス・アジャノフーン、ブルキナファソのサフォラタ・カボレとエマニュエル・ロトバムという他国の女性と出会い、一緒になって、この演劇作品を通して女性の力を問うていることです。

リモージュのFrancophonies 2021で発表された、ミハエラ・ミハイロフ作、マチュー・ロワ監督の作品「Ce silence entre nous」。クリストフ・レイノー・ド・ラージュ


このフェスティバルには、インド、ブルキナファソ、カメルーン、レバノン、日本、フランスなど、世界中からアーティストが参加していますが、コヴィドの大流行はこれらの国の演劇シーンにどのような影響を与えましたか?リモージュに参加したアーティストからはどのようなフィードバックがありましたか?

まず最初に、私たちが孤立するような難しい状況に置かれているにもかかわらず、人生に、創造に、芸術に、自分の職業に留まろうとしているすべてのアーティストに敬意を表したいと思います。アートは何よりもまず、人との出会いが大切です。このようなアーティストは、永遠の闘争の中にいる。彼らにとって難しかったのは、芸術の練習やリハーサル、作品ではなく、作品を共有することでした。これが、どこの国でも一般の人には難しいことになっています。私たちが直面している問題は、アーティストの循環です。

その例は?

マダガスカルからは、Claude BrumachonとBenjamin Lamarcheの「Folie」という素晴らしいプロジェクトがありました。彼らは15人のマダガスカル人ダンサーと一緒に仕事をするために出発した。彼らはこちらに来るはずだったのですが、ワクチン接種をしていないなどの理由でビザを取得できませんでした。プログラミングをしている私でさえ、ビザを取得することができませんでした。番組制作の私ですら、アプローチを変えました。イラクやタイからの作品を予定していましたが、Covidやサーキュレーションの関係で、これらの作品は来られませんでした。このパンデミックは、私たちの仕事、創造、視聴者に影響を与えています。

封じ込め措置や健康上の制限が、アーティストがヨーロッパに来るのを妨げる新たな障壁や国境を築く口実になるのではないかという懸念はどこから来るのでしょうか?

パンデミックが起きていることは否定できません。それはそこにあり、現実であり、傷つき、殺すものです。また、(芸術的な)命を奪うことにもなります。私にとって、人生を止めることはできません。そして、パンデミックは時に障壁を増殖させる口実にならないかと心配しています。それは私の見解ですが、場合によっては、正当化されないこともあるからです。では、次に何をすべきか。どうやって改革していくのか?インターネットやビデオなど、何でもかんでも公開すべきだと言われていますが、それは良いことで、これらは付加価値です。それはそれで良いのですが、これらは私たちにとって付加価値であり、人間との出会いに代わるものではありません。

2021年にリモージュで開催される「Zébrures d’Automne des Francophonies」のポスターの詳細(執筆から舞台まで)。Les Zébrures d’Automne

デジタル・ネットワークを介して、デジタル・パフォーマンスやハイブリッド・パフォーマンスによる共有が増えているのではないでしょうか?この方向での動きはあるのか、という分析です。

デジタル領域には、ある種の共有性があります。私が提唱しないある種のタイプ。スクリーンの前に座っている間に、AからZまでの3つ、4つ、5つの芝居を見たと言える人がどれだけいるだろうか。だから現場では、フェスティバルでは、2日間で2つ、3つのショーを簡単に見ることができます。アーティストと観客の間の芸術的な「質量」を表すこのライブの瞬間に代わるものはありません。このデジタルな瞬間から、私たちは何を得られるのでしょうか?とてもそうは思えません。そして、これらは私がアートを作りたいと思う理由ではありません。

2018年以降、フランコフォニーは、フランスにおけるフランコフォニー・クリエーションの全国的なリファレンスセンターとなっています。今日、あなたの意見では、リモージュにあるフランコフォニーの本部(旧マルソー兵舎)が失われる危険性があります。これは、このナショナル・リファレンス・センターがリモージュに拠点を置かなくなるリスクがあることを意味しているのでしょうか?

パリのシテ・アンテルナショナル・デ・ザール、ヴィルヌーヴ・レ・アヴィニョンのシャルトルーズ、そして私たちという、フランス語圏の3つのナショナル・リファレンス・センターです。しかし、私たちはフランコフォンの創造のための唯一のセンターです。このようなクリエイティブ・センターがあることは非常に良いことですが、現時点では、私たちの名前は実際にあるものよりも大きいのです。私たちは会場のないセンターです。リモージュ市が用意してくれた行政のためのオフィスを除けば、仕事をする場所はありません。しかし、アーティストが仕事をしたり、研究や創造的なレジデンスを行う場所がありません。

幸いなことに、映画祭期間中にスペースを共有してくれる同僚と一緒に仕事をしており、彼らに感謝しています。残念ながら、私が2019年にディレクターに就任して以来、映画祭の本部となっている旧マルソー兵舎は、本当は私たちのものではない場所なのです。この場所を市が保証してくれるわけではありません。毎年、「例外的にバラックはあるが、来年は期待しないでくれ」と言われるのを待っている。世界で唯一、フランス語圏の創作に特化したこの規模の演劇祭が、このように毎年生き生きと活動することが許されるのでしょうか。そう、私たちは危険にさらされているのだ。

9月25日、リモージュで開催された「Zébrures d’automne」フェスティバルのオープニングを前に、「Francophonies」の新たな中心となる旧Marceau兵舎の中庭。ジークフリート・フォースター/RFI

今日考えてみると、私たちはフランコフォンの創造にどんな場所を与えているのだろう?私たちの生活や日々の暮らしを豊かにすることができないこのフランコフォンの思想に、私たちはどんな場所を与えているのでしょうか。もし、ある日突然消えてしまったら、もし開発しなかったら、私たちは創造という点である種の血縁関係にあり、貧困や、もしかしたら死のリスクを抱えることになるでしょう。これは泣ける。フランスにおけるフランス語圏の創造に何を本当に望むかを考えることは、私たちの利益につながります。このフランコフォンの創造のために、我々はどのような手段を用意しているのか。

シェアしよう!