2021年10月5日、政府の経済・社会政策に反対するストライキと抗議の日に、ニース(フランス南部)で行われたデモ行進。Reuters - Eric Gaillard

賃金、失業保険、年金:フランスの主要都市でデモを実施

フランスでは火曜日、労働者、失業者、学生、年金受給者が、最低賃金の引き上げ、年金・失業保険改革への回答を求めてデモを行いました。

マルセイユからトゥールーズ、グルノーブル、ボルドーを経てパリに至るまで、CGTによると約200の集会で16万人以上、内務省によると8万5400人がデモを行った。

パリでは、数千人(CGTの発表では25,000人、ボーボーの発表では6,400人)の人々が、警察の厳重な監視のもと、午後の初めにレピュブリック広場からオペラ座に向けて出発し、午後の終わりには何事もなく行進が散っていった。「年金、賃金、公共サービス、失業保険、社会的退行に反対、抑圧の道具としての健康保険に反対」という横断幕が行進の先頭に掲げられていた。若い労働者、失業者、年金受給者、みんなで一緒に戦わなければならない」。若い労働者も、失業者も、年金生活者も、みんな一緒になって勝利するんだ」と、デモ隊は宣言した。

CGTのリーダーであるPhilippe Martinezは、「我々は大統領選挙の翌日を待って賃金を上げるつもりはない」とまとめ、「賃金闘争に勝つ」ために火曜日にデモを行い、「緊急の回答」を要求し、社会問題を議論の中心に戻すことを呼びかけた。彼の組合は、最低賃金の20%アップを要求しています。

失業保険の改革があるので、仕事の世界と失業者の状況にリンクした現在の問題を提示してほしい。私たちは多くの宣言を耳にし、給料の増加や購買力に関する多くの提案を耳にします。具体的なアクションを求めています。

フィリップ・マルティネス(CGT書記長)

学生団体はデモ行進の中で、若者がますます不安定な状況に置かれていることを非難し、特に助成金の増額を求めました。

私たちは危機的な状況にあります。学生の不安に対処するための真の対策がありません。政府は助成金の改革を3度にわたって約束しました。まだ何もありません。

メラニー・ルース、Unef社長

失業保険・年金の改革

マルセイユでは、朝の時点で数千人、警察署によると3,500人もの人々がデモ行進に参加しました。リヨンでは、警察は2,300人の参加者を数えた(CGTでは6,000人)。トゥールーズでは情報源によって2,400〜5,000人、ボルドーでは1,550〜4,000人、ナントでは2,400〜3,500人だった。

しかし、この日のデモに伴って行われたストライキの呼びかけは、交通機関ではあまり行われなかった。国の教育制度では、同省が中日に報告したところによると、教員の平均ストライキ人数は4.06%。

フランス全土で、金曜日に施行された失業保険改革に反対するデモ隊の隊列が膨れ上がりました。この改革は、短期間の契約と失業期間が連続する「パーミタント」と呼ばれる失業者の給付を削減するものです。すべての労働組合は、今週中にこの改革に対する不服申し立てを行う予定です。もうひとつの警戒ポイントである年金問題は、エマニュエル・マクロン氏のマンデートの終わりをめぐって、引き続き大統領選挙の重要な争点となるでしょう。

[RFI]https://www.rfi.fr/fr/france/20211005-salaires-assurance-chômage-retraites-manifestations-dans-plusieurs-grandes-villes-de-france

シェアしよう!