最新のシプリ報告書によると、核軍拡競争が増加している

世界は非核化に向かっていない、全く逆だ。条約にもかかわらず、軍拡競争は続いている。ストックホルム国際平和研究所(Sipri)が6月12日月曜日に発表した核拡散に関する報告書が示すように、9つの核保有国は兵器庫を増加または近代化している。

ストックホルムの特派員、カルロッタ・モルテオと

それぞれ5,000発の核弾頭、安定した数字で、米国とロシアは依然として世界の核兵器の90%を所有しています。比較すると、中国の兵器庫は小さいですが、群を抜いて最も急速に成長しています。北京は1年間で350発から410発の核弾頭になり、止まるつもりはありません。

はるかに少ない範囲で、パキスタン、インド、北朝鮮も新しい核弾頭を生産した。イギリスはそうすることを計画しているが、もはやその量や配備は明らかにしない。フランスは機器の近代化に賭けている。

核不拡散条約に署名した5カ国は、兵器庫に数百万ドルを費やし続けているだけでなく、外交は急激に減少している、と報告書も報告している。モスクワは昨年2月、それぞれの核の野心を制限することになっているワシントンとの開始条約にもはや参加しないと発表した。

したがって、Sipriは、地政学的緊張の高まりの中で誤解、事故、または判断の誤りのリスクの増加と、これらの大量破壊兵器の潜在的な使用に関する暗黙の口頭による脅威の減少を警告します。

https://www.rfi.fr/fr/monde/20230612-la-course-aux-armements-nucléaires-en-hausse-selon-un-dernier-rapport-du-sipri

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1701
Enable Notifications OK No thanks