食品産業が制裁の脅威にさらされているため、フランスの買い物客は低価格を約束した

フランス最大の食品業界のプレーヤーは、来月から何百もの製品の価格を引き下げることを約束した、とフランスのブルーノ・ル・メール財務相は発表し、その約束を破った場合、金融制裁の危険にさらされると付け加えた。

金曜日のル・メールの発表は、1年間の記録的なインフレ、値上げ、燃料コストの高騰の後、消費者の購買力を回復するためのヨーロッパ全体の取り組みの中で行われます。

BFMTVで、ル・メールは次のように述べています。「私はフランス人に、7月になるとすぐに特定の製品の価格が下がると伝えています。そして、小切手があり、規則に従わない人には制裁があります。」

彼は、価格が引き下げられる製品のいくつかとして、パスタ、鶏肉、油について言及しました。

この発表は、フランスで購入した食料品の80%を生産し、販売する75社と会談した翌日に行われます。

「私は来週関係する何百もの製品のリストを持っています」とル・メアは付け加え、食品会社が彼らの誓約を守らなければ、彼は「[彼らの名前]を一般に公開する」と警告した。

「卸売価格が下落した一定数の製品では、[小売]価格も下落しなければならないだろう – 2、3、5、おそらく10%も下がるだろう」と彼は言った。

インフレを飼いならす

フランスのインフレは、エネルギーと食品価格の上昇が緩和されたため、5月に予想以上に6%の1年で最も低い水準に冷却されました。

しかし、これらの食品価格は、3月にほぼ16%の記録的な急上昇の後、先月も14%上昇しました。

ル・メールは、食品小売業者や製造業者に、フランスの家庭が何ヶ月もの間生活費の危機に対処するのを助けるために価格を引き下げるよう促してきました。

先週、ハンガリーのヴィクトル・オルバン首相は、彼の民族主義政府が20%を超えるレベルから欧州連合の最高インフレ率を飼いならそうとしているため、大手小売業者によっていくつかの基本的な食品に強制的な値下げを課しました。

ヨーロッパ人の生活水準の低下

今週初めに発表された公式調査の結果によると、EU全体で質問された26,000人の回答者の半数以上が「自分の生活水準が低下しているのを見て、さらに低下すると予想している」。

ユーロバロメーターの調査では、約65%が危機に取り組むために各国政府が行っていることに満足しておらず、57%がEUが行っていることに満足していないと指摘した。

調査結果を発表するとき、欧州議会のキャンペーンディレクターであるフィリップ・シュルマイスターは、「すべてが本当に人々に重くのしかかっている」と認めた。

「市民は月末に財布にどれだけ残っているかを非常に迅速に見ています」と彼は言い、それにもかかわらず、欧州連合が提供できるデータには「楽観主義」があったと付け加えた。

フランスでは、74%が政府が生活費危機に対処した方法に満足しておらず、ドイツでは59%が不満を抱いていた。

https://www.rfi.fr/en/france/20230610-french-shoppers-promised-lower-prices-as-food-industry-threatened-with-sanctions

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1745
Enable Notifications OK No thanks