駐ロシアフランス大使の文化顧問「ペルソナ・ノン・グラータ」

5月末、モスクワは34人のフランス外交官の追放を発表した。クレムリンが言うように、ウクライナでの特殊作戦に続いて、4月のフランスの41人のロシア人の追放に対する報復の尺度。エマニュエル・マクロンがキエフを訪問した数日後、それはもはや歓迎されていない駐ロシアフランス大使の文化顧問です。ロシアのテレビは、それが何で告発されているかを詳述した報告書を発表した。

文化顧問の事件に報告を捧げるロシアのテレビチャンネルは、「異常状況」を呼び起こす。「治安部隊フランスの外交官が毎年ロシアの政治組織の費用の予算に並んでいることを発見した」と彼女は言う»

カメラに戻って証言する法執行官からのこの証言を支持して、声が変わった。

彼らはかなり厚かましい方法で行動する。ロシアで「外国人エージェント」として認められた組織の活動は、プリズムと呼ばれるプログラムの一環として行われた。彼らの目的は、非伝統的な性的関係を促進し、当局を不安定にすることです。

もう1つの告発は、国内で禁止されているメディアと、昨年の冬に解散したメモリアル協会のオカルト資金調達スキームを実施したことです。

透明な資金調達、ファイルのいくつかの愛好家はラジオフランスの同僚に答えました。しかし、それは問題ではありません、外交官は荷物を詰める必要があります。

フランスの情報によると、フランス大使ピエール・レヴィはロシア外務省に召喚され、文化顧問の認定は更新されず、7月17日までにロシアの領土を離れなければならないことを知らされた。

https://www.rfi.fr/fr/europe/20220619-le-conseiller-culturel-de-l-ambassadeur-de-france-en-russie-persona-non-grata

Default image
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 466