Pisa 日本は回復、フランスは数学がランク落ち

OECDは3日、世界65カ国・地域の15歳51万人以上が参加した2012年の学習到達度調査(PISA)の結果を発表しました。

日本は数学的リテラシー7位、読解力4位、科学的リテラシー4位と上位にランクインし、学力が回復したことは多くのメディアでも報じられていたと思います。上海やアジアの子ども達の学力が上がっていることが注目されていましたが、さて、フランスはどうだったのでしょうか。

フランスは数学的リテラシーが25位、読解力21位、科学的リテラシー26位となり、数学は2003年から16ポイントも低下しました。この数値の落差にはフランス社会の問題が反映されています。フランスでは2003年と比べて、移民の子どもの数が倍に伸びており、移民の子ども達の方が学習するチャンスが少ないとされていることです。

Pisaランクが上位に入ると、フィンランド式がいい、日本式がいい、などとすぐ振り回されてしまいますが、それぞれのお国事情が背景にあり、なかなか一口に正解を見出すのは難しいということでしょう。

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. フランスでは先日サルコジ大統領によって、パリを改造する都市計画「グランパリ」が発表された。 空港と…
  2. 欧州中央銀行は理事会を開き、5500億円規模の増資を行うと発表した。この金額は、今の2倍の規模にあた…
  3. 幼児にテレビを見せてもいいのか、悪いのか。年少者を育てる親なら誰もが悩むテーマだが、どんな育児書でも…
  4. 今度の衆議院議員選挙は東国原知事の問題で地方分権選挙のような感じになるところだった。今でも橋下知事が…
  5. 次世代原子炉が元凶フランス原子力最大手のアレバが経営難に陥っています。 全世界の従業員の1…
  6. アメリカの国債の格付けをスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が最高のAAAから一段階引き下げたこ…
  7. 324号の「子だくさんフランス」で、少し紹介したフランスの制度PACS(連体市民協約)ですが、いつも…
ページ上部へ戻る