Pisa 日本は回復、フランスは数学がランク落ち

OECDは3日、世界65カ国・地域の15歳51万人以上が参加した2012年の学習到達度調査(PISA)の結果を発表しました。

日本は数学的リテラシー7位、読解力4位、科学的リテラシー4位と上位にランクインし、学力が回復したことは多くのメディアでも報じられていたと思います。上海やアジアの子ども達の学力が上がっていることが注目されていましたが、さて、フランスはどうだったのでしょうか。

フランスは数学的リテラシーが25位、読解力21位、科学的リテラシー26位となり、数学は2003年から16ポイントも低下しました。この数値の落差にはフランス社会の問題が反映されています。フランスでは2003年と比べて、移民の子どもの数が倍に伸びており、移民の子ども達の方が学習するチャンスが少ないとされていることです。

Pisaランクが上位に入ると、フィンランド式がいい、日本式がいい、などとすぐ振り回されてしまいますが、それぞれのお国事情が背景にあり、なかなか一口に正解を見出すのは難しいということでしょう。

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 2009-12-2

    携帯めぐる教師と生徒の騒動

    パリ市内の高校で、携帯電話の使用を教師に禁止された生徒が、「先生を変えてほしい」と校長に訴えるほか、…
  2. 2009-8-19

    フランスの財政問題

    壊滅が予想される自民党と追い風だけどちょっと不安な民主党の選挙戦を巡り、財源問題がよく槍玉に挙がって…
  3. 2010-3-10

    産休で不足する教師たち

    女性が社会に進出することで、経済的にはポジティブな点ばかりが着目されがちだが、女性が社会に出れば出る…
  4. 2011-9-8

    増税を望む大富豪

    フランスの税金が安いという印象はないが、フランス国債が格下げの危機にあり、フランス大富豪連合は、高額…
  5. 2009-5-4

    便利なパリ、グランパリ計画

    フランスでは先日サルコジ大統領によって、パリを改造する都市計画「グランパリ」が発表された。 空港と…
  6. 2010-12-21

    広がるアンチユーロ派の主張

    欧州中央銀行は理事会を開き、5500億円規模の増資を行うと発表した。この金額は、今の2倍の規模にあた…
  7. 2009-8-26

    フランスの税制

    衆議院議員選挙もいよいよ終盤戦。地方分権を叫びながら、地方自治体の政策に反対する選挙演説を聴くたびに…
ページ上部へ戻る