イーロン・マスク、Twitter買収の前にやはり偽アカウントに関する保証を要求

イーロン・マスク氏は、偽アカウントやスパムの激減を保証しない限り、ツイッターを買収しないと主張する。

イーロン・マスクは、アメリカのソーシャルネットワークの自身のアカウントを通じて、この火曜日にレイヤーを張った。彼は、ボットやスパムの脅威との戦いに関して、Twitterのボスが前日に行った説明に疑問を呈した。テスラのボスはウンコの絵文字で反応し、ツイッターを買収したいという気持ちに再び疑念を抱かせた。

この億万長者は、4月末に440億ドルで買収すると発表したTwitter社のボス、パラグ・アグラワル氏の神経を逆なでするようなことはもうしない。

買い取り価格を下げたいという願望?

先週、この作戦に疑問を投げかけ、その後、言葉を戻して、まだ買収にコミットしていると断言したイーロン・マスクは、今週の初めに再びそれを実行しました。原因はやはり、少なくとも公式には、何年も前からソーシャルネットワークを汚染している偽アカウントやスパムの割合にあるようです。

月曜日、ブルームバーグ通信は、イーロン・マスクが20%のアカウントが偽物であると推定していると報じました。この数字は、同日、Twitterのボスが、自分のグループの努力でやっと5%に減らしたと否定した。

米国の多くの金融アナリストによると、この数字の戦いは、イーロン・マスクがTwitter買収の価格を下げるための作戦であるという。月曜日から、ニューヨークの証券取引所の各開場では、青い鳥の株式は赤を示し、その値はまだニューヨークの電子株式市場であるナスダックで、この火曜日減少していた。

メールマガジン購読

https://www.rfi.fr/fr/économie/20220517-elon-musk-exige-toujours-des-garanties-sur-les-faux-comptes-avant-de-racheter-twitter

Default image
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 667