ファッションはグリーンですか?

私たちが着ている服はどこから来たのですか?彼らは誰によって作られたのですか?彼らは長持ちしますか?今夜、私たちは繊維産業を見ています。今日、それは最も否定的な社会的および環境的影響の1つを持っているセクターの1つです。ユネスコの調査によると、1キログラムの綿を生産するには、Tシャツには10,000リットルの水、または平均2,500リットルの水が必要です。繊維部門は、小麦と米の栽培に次いで世界で3番目に大きな水消費者です。

私たちの惑星にとって、したがって私たち全員にとって気候の課題の時、それは自分自身を再発明しなければならないセクター全体です。

[ja] debat_du_jour_20221005.mp3 – powered by Happy Scribe

今日の討論会

Adrien Delgrange、19時30分よりパリにて。こんばんは。

地球上のどこにいても、皆さん、こんばんは。

着ている服がウェルカム、RFI。

メールマガジン購読

どこから飲みに来るのでしょうか?

誰のために作ったのか?

長持ちするのか?

今夜は、繊維業界を取り上げます。

現在では、その分野の一つとなっています。

は、社会と環境に最も悪い影響を与えるものの一つです。

A数字 1キロの綿花を生産すること。

ユネスコによると、1万リットルの水が必要なのだそうです。

例えば、繊維部門は第3位の消費者です。

小麦や米に次いで、世界で最も水の豊富な国。

気候変動への対策が必要な今

したがって、私たち全員にとって、この分野全体が必要なのです。

を改革する、あるいはすでに改革を始めている。

ファッションはグリーンか?

スタジオに3人のゲストを迎えての本日のディベートとRFIです。

Julien Faure まずはじめに。

こんばんは、「Loom」ブランドの共同創設者、Welcomeです。

気候モードでの協会会長

目の前にいるのはクロエ・コーエン、こんばんは。

ジャーナリストで、ポッドキャスト「New Models」のクリエイター。

そして、マーク・エイベルもお迎えします。

こんばんは、いらっしゃいませ。こんばんは。

あなたは人類学者であり、エコール・デ・オート・エテュードで研究部長を務めていますね。

社会科学の分野で活躍し、明日出版される本の共著者でもあります。

リジェネレーション…「The World After」のモードは?

エディション・ドゥ・ラウベ社発行。アングリズムの一つ。

ファストファッションの定義からこのショーをスタートさせるための表現です。

ファッション・トレンド

をベースに、超高速でコレクションを更新しています。

Julien Ford、明確な理解のために。

ファストファッションとは対極にあるブランド「Loom」を展開されていますね。

そう、顔ともいえるからです。

この2つの特性は、常に更新されています。

私たちの欲望を喚起するために、私たちは永久に投資しなければなりません。

そして、社会的にも環境的にも悪い国々で生産しているのです。

低コストの製品を得るために、社会的・環境的負荷の低い製品を選択する。

のみで生産しています。

簡単に言うと、子供たちをキャンプに行かせるところです

と、一言で言えば、回収ゼロ、販促ゼロ、販売ゼロです。

また、そのような方向にも進みます。

ゼロの広告は、私たちのエネルギーを代わりに置く

新しいデザインを探すときや、広告を出すときに。

長く愛用できる洋服にするために使っています。

この傾向を説明すると?

クロエ・コーエン、ニューモデルのポッドキャストの紹介です。

みんなスタジオを持っていました。

もし、あなたが自分のことを知らないのなら

を消費する、コミットメントされた消費者として消費しない。

現在では、フルタイムの仕事となっています。

中国産の綿花の84%、彼らはウイグル地域から来ている。

服の中身を自問自答する。

ファストファッションは古いマイナスイメージ

明日の世界をデザインする人たちのために。

生き方と惑星ホワイト』にて。

約250話。

このポッドキャスト「New Model」の著者であるChloé Cohen氏。

ファストファッション?

腐った結び目?

えー、そうです、そう言ったのはゲストの一人だったんですか?

そして、これは結局のところ、かなり正しいのです。

ファストファッションは、ジュリアが言ったように、やはりファッションです

常に変化し、品質が悪く、ほとんどが持続可能でない。

でも、たくさん買いたいじゃないですか。

コレクションは常に変化しているため、定期的に更新してください。

新しい服がどんどん出てきます。

私たちはファストファッションについて話していますが、ウルトラファッションについても話すことができます。

現在、中国の巨大企業であるチャイナと

コレクションをより早く更新している

ナゲット ファッションの段階というのは、かなり要約されますね。

そして、人類学者であるあなた。

マーク・エイベル、この消費の理由を教えてください

一部の人が使い捨ての服を着るという野放図な風潮はどうでしょうか。

なぜそんなに人気があるのでしょうか?

好きな人は、それこそみんな消費者だと思うんです。

私たちは皆、浸かっていたと言ってもいいし、それ以上かもしれない。

最も近い世代

には、常に新しいものが必要だという思いが込められていました。

物事を一新する必要があったのです。

昔も今も、ある種の永久的な購買意欲があるのです。

購買力の問題が続いています。

私たちは日々、このようなことを言われると同時に

の特徴であるトロピズムのようなものが漸進的に現れてくるのです。

現代社会の、そして決して衰えることのない

そして、やがて世代を超えて発展していく。

私が若い頃は、消費社会と呼ばれていました

と、物事が止まっているとは言い切れません。

また、大企業の特定の利益にも対応する。

しかも、そのすべてが明らかに労働者を酷使しており、そのうえで

は、高効率の事業戦略を採用しています。

最終的にどうなるかはわかりませんが、ほとんどの方がエスノグラファーとして

現代社会で、スーパーマーケットに行けば

スーパーマーケットに行くと、すぐに買い物をしたことに気がつきます。

私はニンジンや食材ではありません。

が、それを見つけるための部署に少し足を運んでみることにします。

なぜ靴ではないのか、なぜこの洋服ではないのか。

そして、ついに再び出陣することになった。

それがすごく印象的でした。

パリ郊外の大型スーパーマーケットにいることが多いですね。

を見ると、すべての人がその場所にいる。

原理的に入ってくる人を見ていたら、聞こえてくるんです。

いいじゃないか、食料を買おうよと言う。

などと言いながら、洋服一枚で帰ってしまうことが非常に多いことに気づきます。

これは現代では非常に特徴的で、このような服装こそ、実は

1,000億着という数字が見えてくるということです。

そのため、その大半は、世界中で販売されることになります。

年、そのほとんどは3、4回しか着用しない。

あなたが伝えたいことは何ですか

特に貴協会を通じて消費者に

気候モードだけでなく、あなたのブランド「Julien」を通して?

実は、私たちが消費者に向けて発信しているメッセージ。

が騙されたということです。

繊維業界を立て直す責任がある。

という、より倫理的な判断が求められます。

30年間待っていたんですよ。

私たちは、消費者が目を覚ますのを30年待っていたのです。

倫理的な企業が行う30年間の約束

最も有害な企業を置き換える。

そして実際、そうなっていないことがわかります。

一例を挙げると、パタゴニア。

を超えるエシカルブランドを象徴する最大手です。

創業から約30年、現在10億ユーロの売上高を誇る。

中国が、まさにビジネスといえる超ファストファッションの巨人であるのに対し

あらゆる点で極めて有害である「旭化成」が、10倍も回転率を上げるのです。

つまり、今日、私たちが目にするのは、消費者の力が

は存在しないのです。

つまり、私たちはこれを待っていたのです。

支配的なモデルを大きく変えるものではありません。

この場合、社会的・環境的な課題に鑑みて

特に、私たちが直面している気候変動の緊急事態を考慮すると、私たちの産業は、このような事態に直面しています。

IPCCの専門家が警告、法律が必要

消費者の力以来、私たちの業界をより良くすることを余儀なくされています。

をテストしましたが、うまくいかず、変わりません。

この経済観測に賛成ですか?

全く同感です。

それから、かなり複雑だと思うのですが

コンシューマー向け

すべての情報が公開されているわけではありません。

という意味です。

中国の緑色の巨人を含むブランド

例えば、情報を与えないでください。

服を作るための労働条件、素材。

大雑把に言えば、後追いですが、ある程度の知識は必要です

と、最終的には持っていないのが普通です。

待ち遠しい

を、消費者の皆様にお届けします。

繊維業界のプロフェッショナルである彼らが、すべてを背負うことはないのです。

この責任の重さ、この巨人たちを変えるという選択の重さ。

Julienと全く同じ意見です。

そして、購買力の問題です。

を期待することはできません。

繊維産業を深く変革していくことになるからです。

かりをあらためる

生産量を、少なく、消費量を、少なく。

プロデュース、だからそうなんです。

この繊維産業の変革のスピードが遅いという疑問について。

マーク・エイベルさん、「遅さ」の問題についてはどうお考えですか?

たしかに、なによりも、あらゆるものの比重が大きいということは言えると思います。

この研究の最も重要な分野である、この消費の。

そして、やや逆説的ですが、どちらかというとラグジュアリーな面もあるのです。

が一定数あるとします。

これらの問題を考慮すると、私はエコロジーと言えるでしょう。

遅れてやってきました。

というのも、これらのブランドの歴史上、比較的遅い時期に登場したからです。

長い間、長い間、問題視されることはありませんでしたが

これも課題のひとつだと思います。

どういう意味ですか?エコロジーといえば

そして、高度に政治的な問題でもあるのです。

実は、そして私自身も、当初はまったく意識していませんでした。

興味を持ち始めた頃。

私は主にラグジュアリーに興味があったのですが、その底流にあるものに次第に気づいていきました。

は、まさにファッションを中心としたこの分野で存在感を示し始めています。

でも実際は、人間。

日常生活では、必ずしも結びつかない。

NGOがある時点からかなり複雑なんです。

しかし、比較的問題に特化したNGOは

と数字を出して、すべてがうまくいっていないことを伝えることができる人。

そして、これらはすべて、ひとつのことなのです。

しかし、それを考慮した政治的なプロジェクトがあるということです。

例えば、問題周辺の質問

の、つまり水の問題について語るときです。

ほら、この夏。

旱魃で、水のことが話題になりました。

が、実はよくよく考えてみると、まったく話をしていないのです。

この水の問題は、全くリンクしていませんでした。

消費される水の

先ほどもおっしゃったように。

だから、ちょっと疑問なんですが、かなり複雑なんです。

ユネスコの調査によると、現在、Tシャツ1枚に2500リットルの水が使用されているそうです。

あなたのおすすめは?

Julia Faure サーキットで働くあなたへ

限りなく近い仕事間

でも、繊維産業は。

また、原材料のほとんどを日本から調達しているという意味で、グローバルな産業といえます。

ヨーロッパで製造するために使用されているものは、ヨーロッパから来たものではありません。

ない、ほとんどない。

非常に逸話的な話ですが、原料を育てる綿花が育つのです。

普段は遠くからやってくる。

が、それ以外はすべてチェーンで、多くのステップがあります。

なるべく近い形で行うようにしています。

だから紡績、染色、織物、斜め編み、仕立物。

これらはすべて、一般にポルトガルとフランスの間で行われる。

ショートサーキットでも、より環境に配慮しています。

それは、ポッドキャストを通じて伝えていることですか?

そうそう、まったくです。

そして、たしかに

莫大な汚染をしている繊維産業と関連した公害で

哺乳類、電気を使うことで

と、特にJuliaはとてもよく言っていて、私たちに気づかせてくれます。

紡績や染色など、そのような用途にのみ使用されることが多い。

の電力が必要であり、それはアジアなどの国でも同じです。

この電力は、主に石炭などの化石燃料に依存しています。

そして、必然的に、もしもの時よりも汚染してしまうのです。

は、特に欧州やフランスでは、少しクリーンなエネルギーを使用しています。

この点については、どのような取り組みがなされているのでしょうか。

そうすると、当然ながら、できるだけ近いところで生産した方が汚染は少なくなります。

交通手段の問題だけでなく

は、衣料品生産チェーンで使用される全エネルギーのうち、1.5%を占めています。

この意見には、あなたも共感しますか?

が必要であることも付け加えておきます。

そういえば、少し前にヨーロッパで、大きな

繊維産業はすべてなくなりました。

まず、繊維産業が盛んなフランスから。

だから、近くで生産すると言っても

を自宅から、そして低空飛行で、かなり実現可能でした。

そして、そのすべてが、なくなってしまうのです。

確かにこの一部です。

グローバル化という現象は、物事を完全に変えてしまった。

そして、私たちが今になってそのことに気づき始めたのは、決して偶然ではありません。

しかし、そこにはタイムラグもあった

このような意識付けを行うために

よりリスペクトされるファッションの作り方

とか、もっと責任感を持てとか。

をすれば十分と考えるのは、犯してはならない過ちである。

衣料品1着あたりの環境負荷を改善します。

結局、衣服が汚れるのは当たり前のことなのです。

何かを生産すると汚染される。

そして、繊維産業の問題は、過剰生産であることです。

は、消費するよりもはるかに多くのものを生産していることです。

フランスでの例を挙げると

衣料品の消費量は30年で2倍になった。

しかし、私たちのニーズはそうではありません。

30年前と今とでは、服装が違うのです。

それは、この衣料品消費の倍増である。

それは、あなたが何をしたいのかに直結しています。何を言っているんだ。

すなわち、移転やオフショアリングなどです。

その結果、繊維産業の移転が実現したのです。

は、衣料品の価格を大幅に引き下げることです。

つまり、同じ予算で、30年前に比べて2倍の服を買っているわけです。

だから、実はそれが本当の問題なんです

繊維産業は、生産することが目的ではありません。

を、現在のコットンからオーガニックコットンやリネンに置き換えることです。

エトセトラ 製品の環境配慮設計を向上させることは非常に良いことです。

しかし、私たちが戦わなければならないのは、過剰生産です。

と過剰消費に対抗する方法。

服の低価格化との戦いが必要だ。

この発言で何かを変えたいのでしょうか?

たしかに、今後

を、すでにとても良いものである小さな解決策を見つけようとします。

は、原材料で行われているものがたくさんあります。

デローカライゼーション(非局在化)という言い方をしますが、そこには

特定の分野、特に亜麻と麻の移転。

いずれにせよ、フランスでは、AからZまでこれらのチャンネルを再び持とうとしているのです。

でも、結局は

これだけ作り続けても、あまり意味がないんです。

これでは、本当の意味での過剰生産である主要な問題を解決することはできないでしょう。

それには全面的に賛成です。

ボリュームの大幅な削減が必要

衣料品の製造と消費について本当に話したいのなら

責任あるファッションであると同時に、テキスタイルの品質についても言及しています。

繊維産業の話か

と品質が、すべてのブランドの評価を高めています。

また、品質が良いということは、より長く使えるということでもあります。

していました。

その中で、絶対に欠かせないのが「サステナビリティ(持続可能性)」です。

つまり、私たちは使い捨てに慣れきってしまっているのです。

実は、私たちは3つのものを捨てたり使ったりしています。

や4回、エトセトラ では、今日のテーブルには何があるのでしょうか?

これは事実ではありません。

学ばなければならないし、なによりも学ばなければならない。

長く使える服に憧れること。

と、かつて存在した別のタイプの衣服に由来する可能性があります。

ということで、終了です。

それが今日の課題であり、その概念を完全に変えることです。

衣料品からサステナブルな衣料品まで、すべて可能です。

そうなんです。現在では、数多くの

を始めているクリエイターのことです。

は、美的感覚に優れ、消費者に高く評価されています。

そして、消費者は、別の方法があることを理解し始めています。

すること、つまり、もはや、派手なものだけではありません。

と永続的な変化、エトセトラ。

を考え、ある種のいわゆる

今日は節制、特徴的なことを言おう。

Julia Ford 私はこれに応えたいと思いました。

服の質を下げるという問題

という確信がありました。

ファストファッションが質の悪い服を作っていたこと。

実は、私がブランドを作ったときに、交わした約束があるんです。

は、抵抗力の点で、より質の高い服だと思います。

そして、ブランドを立ち上げてから5年、私は事実と向き合わなければなりません。

ファストファッションの服は品質が悪いわけではありません。

ファストファッションの服は、他の人より早く追随することはありません。

そして実際、その理由を調べてみると

タンスの中の洋服は、それほど問題ではありません。

物理的な抵抗力が低下しているという質問に対して

は、単に食器棚にスペースがなくなったからです。

そして実は、そう考えると納得がいくのです。

それ以来、このチェーンでは、ポリエステルなどの化学繊維を多く使うようになりました。

そして、これらの繊維は非常に高い耐久性を持っています。

だから、最後に。

デパートで買ったポリエステル100%のTシャツ。

孫の代まで受け継ぐことができます。

でもね、あなた。

コストが安い

とは思わないほど、簡単に処分できること。

を、注意しないようにすることです。

いつまで保つかを予測する、本物の耐久性

衣服は耐久性です。

愛着を持つか、大切に使うか。

私たちは十分な対価を支払ったのだろうか?

直るのか?

まだお元気ですか?

そうなるんですか?

私たちは、今でもそれを美しいと感じるのでしょうか。

3年後、あなたはパリからRFIをライブで聴いています。

本日は、同ブランドの共同創設者であるジュリア・フォード氏との対談をお届けします。

気候モードの協会会長であるLoomとChloé Cohen。

ジャーナリストであり、New ModelsポッドキャストやMarcAbelなどのクリエイターでもある。

の著者が、「再生」、「来世のモードとは?

そのすべての服の汚染について。一部の数値。

エレン・マッカーサー財団によると

2050年までに、ファッションは世界の炭素予算の4分の1を消費すると言われています。

繊維産業は、2

温室効果ガス排出量の4%に相当します。

これは航空業界に匹敵するものです。

繊維産業が持っていたとすれば

このエコロジーシフトは、少し遅れてやってきた。

何か進展があったのでしょうか

衣料品製造に伴う公害対策という点では?

Chloé Cohen そう、明らかに多くのソリューションが投入されています。

若いブランドが多いですね。

人間はその最たるものです。

というブランドはたくさんあります。

今日も、とてもとても良いことをしています。

この汚染と戦うために、また、少し改革を試みるために。

ビジネスモデルは、服を買うという話が多いからです。

しかし、このような循環型のシステムはすべて

中古、レンタル、すべてPSAとクリーンから。

これらはすべて、このレスポンシブルリペアファッションの一部でもあるのです。

結局、いつも買わなければならないわけではないのです。

また、少し変わったシステムにも目を向けてみてください。

たくさんのブランドがあり、たくさんの

特にこれらの分野では、新しいビジネスモデルが生まれつつあります。

修理について考えているのは、先ほども言いましたが、私たちは

また、服に愛着を持ち、手入れをし、修理することを学びます。

を捨てると、より長く保存することができます。

また、このファッションの一部である

の責任と解決策を説明します。

服のリサイクルについて語る

現在では、大手ブランドもリサイクルに取り組んでいることがわかります。

未来につながるかもしれないし、そうでないかもしれない。

クロエの意見に同調しない

という意味で、事実上、状況は改善されていません。

ブランド以降、マーケティングが展開されているのは事実です。

はい、非常に良い、我々は利益を上げている、等々。

繊維産業からの汚染は年々増え続けている

で、衣料品の生産量は年々増え続けています。

それで、これが問題の核心なのですが

と、この核心的な問題には触れていない。

だから、それ以外に。

があるからこそ、うまくいっているという印象があります。

HCMが伝えるからこそ、発展するマーケティング。

リサイクルについて、あるいはそこで発明された新素材について話すからです。

しかし、繊維業界の問題点を解決するのは

繊維産業が抱えるエコロジー問題への取り組みは、「節制」です。

そして、鼻の先が見えない。

公害の問題については、私たちの業界では冷静な判断が必要です。

Marc Habel はい、でも、それは

何より複雑でした。

世界全体としてみれば

確かに、非常に高いレベルの活動が行われている地域があります。

しかし、このような地域もあります。

その解決策が徐々に見つかってきています。

反応しようとする

というのも、すべてがダメになったと思い込んでしまうと、何もできないからです。

だから、そのアイデア。

私が面白いと思うこと、そして仕事をするのが本当に楽しいと思う理由

マリークレールとは、このような人たちがいるということです。

の世代は、30代になると、とても積極的に参加するようになります。

流行に乗るために勉強してきた人

非常に優れた技術者、クリエイター、その他を持ちながら、同時に

このような問題意識から、例えば、次のようなものを考案しています。

を、あるいは、サイクリングで、あるいは、単に

年寄り、Tシャツ、古いTシャツ

を使用します。

ジャンパーのピースと組み合わせて、ひとつひとつを。

完全に使い古されたものもありました。

そして、それをまとめて作品にするのは、かなり複雑な仕事です

そして、オートクチュールのようなクリエイションに仕上げる。

と、だんだんイメージと一緒に生活しているからです。

だから、どんな環境でも。

私たちは、テレビや雑誌で見ているもの、そして、私たちが見ているものを

人が着るもの、スターが着るもの。

そして、すべて。そして、徐々にパターンが変わっていく。

つまり、かつては畏怖の念を抱かせるような

今は、そんなものを持って歩いている人を見かけますよね。

私のような年代の人間には、ちょっとパツパツに見えるんです。

などがあり、現在ではそれが主流となっています。

クロエ・コーエン はい、そう思います。

もしかしたら、この2つの課題を同時に進めることができるかもしれません。

つまり、ジュリーの言うとおりです。

この問題は本当に解決されなければならない

の地味さと生産量の少なさ。

そして最後に、私たちはまた、おそらくサイドで解決策を見つける必要があります。

シーイーシー

衣服の消費方法と、今話題のソリューションの方向性。

は、必ずしも対立することなく、互いに並列することができます。

このような洋服の無駄遣いも問題です。

というのは、時には何の役にも立たず、別の場所に行ってしまうこともあります。

今回も、この問題には取り組めなかったのでしょうか。

はい、そうです。

実は、フランスでも他の国でも、いずれにしても繊維の廃棄物の問題は大きな関心事です。

このオーバープロダクションを見事に表現している。

イメージとしては、フランスで。

リサイクルボックスに入る洋服の半分。

だから、もっと困っている人にあげようと思っているんです。

このうち、状態の良い洋服は半分、半分が送られてきます。

というのも、このボリュームを管理できないからです。

つまり、毎年1,000万着の衣類があるわけです。

毎週、パードゥン。

フランスは毎週1,000万点の状態の良い衣類を送っている

というのも、私たちの国では、その使い道がわからないからです。

あるある、あまりにも多すぎる

そうすることで、自分たちの中古品市場に活路を見出すことができるのです。

そして、これらの国々。

例えば、ガーナのように、これらの国には、これらの服が溢れています。

ガーナはその象徴的な国であり、ガーナには「ガーナ共和国」というNGOがあります。

繊維廃棄物の問題に取り組む「世界基金」。

ガーナは人口3,000万人の国です。

毎週1,500万着の新しい服が届くそうです。

文字通り、服で溢れかえっているわけです

そして、その国内市場には、私たちの古着があふれているのです。

は、自分たちの廃棄物処理場または廃棄する場所を決めている。

繊維ゴミがあふれている。

そして、この過剰な衣服は、私たちが

実は、このアフリカの国々に送るのは、野生に帰すしかないのです。

そして、それはとても目に見える形で実現しています。

繊維ゴミの画像あり

これらの国のビーチや自然の中で、北の国々の

そして、これは過剰生産の究極の例です。

そして、私たちはそこを見ることができます。

オーガニックコットンを使う意味がない、リサイクルポリエステルでいい。

など 最終的に生産されるのは、これらの服なのです。

彼らはどこかに行き着くのであって、ここに行き着くわけではありません。

ゴミを見たくないがために、結局は自然を汚してしまうこと

それを管理する手段を最も持たない人たちの。

この意見に共感しますか?

マーク・エイベルは、廃棄物の問題は絶対的なものだと考えています。

を、私たち人類学者は「今」だと言えるでしょう。

社会を無駄という観点から分析する傾向があります。

さらに、考古学者でさえ

を分析し、その中からどれを選ぶかを考えてみてください。

は、この会社、この会社の無駄遣いだったんだ。

これは、まさに廃棄物のグローバル化に関しても言えることです。

そして、これはまさに、非常に、非常に難しい問題なのです。

であり、階層の類型化のようなものも与えている。

を、今日のような社会の間で提起しています。

つまり、生産されたものについて、どのように語ればいいのか、ということです。

消費され、廃棄されることになる。

を横に置いて、全部、全部を汚染する。

自然や環境、そしてそれがもたらす結果。

そして、これは確かに非常に、非常に複雑なテーマです。

そして、それは同じです。やらなくても生きていけること

政治問題化されることはなかった。

廃棄物という言葉がふさわしいのは、私たちが

は、衣服の一部または全部をリサイクルすることもできます。

はい、できます。リサイクルできます。

リサイクルの連鎖の先にあるもの

服が溢れかえっているので、まだまだ工夫が必要です。

結局のところ、すべてが対処できるわけではないということ。

そして、それが問題なのです。

そして、だからこそ、たくさん見ることができるのです

を、どこかに捨てに行くんでしょう?

無駄という言葉で十分だと思います。

しかし、この場合、この現象について話すことは、十分にフェアなことです。

なぜなら、そう、一部はリサイクルできるのです。

確かに、まだ知るべきことはあります。

することで、例えば100%繊維の服を持つことができるようになります。

綿、または少なくとも1つの素材を100%使用しています。

混ざり合った瞬間から、物事は複雑になるのです。

そして、その技術はまだありません。

産業的な観点からは、今ある量をすべて再利用する。

ということがわかります。

また、効率的にリサイクルできるような技術革新にも取り組んでいます。

また、すべてを下げる、すべて

を、大量に届く洋服や、修理することもできます。

そして、これは先ほどの話にも通じるのですが。

処分するのではなく、できる。

第二の人生を歩むことができるのです。

海外に送るよりも、長く使えるようにするためです。

そして、その解決策については?

ジュリアン・フォール

法制化というのは、まず国家レベルで法制化しようとすることです。

そして、次に何が起こるか?

だから、国家レベルでは。

というのも、私はまだその先、国家レベルでは何の影響力も持っていないのです。

なぜなら、近ければ近いほど、法律を通すのが簡単だからです。

だから、たとえばフランスのレベルでは。

これを可能にするツールはいくつかあります。

現時点では、例えば

拡張責任の仕様があります。

話題のテキスタイルメーカー

エコロジー移行省とともに

そして、これらの仕様が支配しているのです。

エコタックスとかね。

の時など、ちょっとだけ余分にお金を払うこと。

私たちは、冷蔵庫を購入し、製品の寿命を管理するために多くの組織を持っています。

まあ、繊維製品のエコ税や

は、汚染者負担の原則を適用しています。

ファッション段階の服が中心であることを見ると

には存在しないゴミになりやすい。

て、新価格が安すぎるからです。

エコのためにもっと課金してもいい

これは、ファッションの顔であるそれらの服にかかる税金です。

いずれにせよ、それは

私たちは、気候変動に関する提案の一つを行いました。

マーク・アベル、それはあなたに語りかけるか否か

今、ジュリアン・フォールが説明したように、立法化すること?

経験で合格したといってもいい。

立法することはとても素晴らしいことだという思いがあります。

しかし、それも全部が全部ではありません。

つまり、誰にでもあるようなことが起こるのです。

を、集合的な想像力の中で、そこに入っていくのです。

つまり、ある場合は

を実現すること、それが私たちの目指すところです。

そういうことなんです。

マリニエールとのこの本がそうであるように、私たちは、このようなことを考えようとしているのです。

どうすれば前に進めるのか、どうすればイマジネーションを進化させることができるのか、について

それは、ある種の消費によって二極化されている集団だからです。

出てこないといけないと思うんです。

そこから先は、一国を完全に超えています。

でも同時に、ほとんど疑問でもあるんです。

複数より世代

それは地理的な問題であり、世代的な問題でもあります。

そして、それは動くこと、新しいモデルを提供することである。

新たな事例を提供することで、私たちは変わることができるかもしれません。

クロエ・コーエンは、「法律というより、物事」と言う。

その後、本当に問題があると思います。

遠く離れた国で作られた洋服は、その国の文化や風土に合わないことが多いのです。

惨事で規制が少ない

労働者のために

を、ポリエステルなどの化石燃料を原料とする素材で実現しました。

ブランドにとっては、作ってもらうより安い。

を、もう少しだけ環境に配慮した材料で作ってみよう。

だから、現実的な問題があることがわかるのです。

そして、ここには、法律が果たすべき役割もあると思うのです。

このバランスを少し変えるか、少なくとも製造業をもっと奨励する必要があります。

社会的、環境的な責任をもう少し果たしたい。

そして、指を少し叩いて

このファッショナブルなウルトラの顔を、再現し続ける恥ずかしさに直面した。

止めないと、ちょっとややこしいことになると思うんです。

そして、それがこの討論の最終的な言葉となるだろう

ここパリのラジオ・フランス・インターナショナルから生中継しています。

本日、フィレンツェで調印が行われました。

ポンセ編集長のパトリック・アダム。

Gérard Perrotへのドキュメンテーション。

監督はJean-Philippe THIERRY。

それでは、3人のゲストの皆様、ありがとうございました。

ジュリア・フォール(Loomブランド共同創設者、ファッション協会会長

Climate, Chloé Cohen, ジャーナリスト、ポッドキャスト「New Model」のクリエイター。

そして、人類学者のマーク・エイベル。

社会科学高等研究院研究部長、共著者

の「再生」、世界にとってのモードとは?

Editions de l’Aubeより。

ご清聴ありがとうございました。

RFIにご期待ください。

数秒後、新しい国際新聞ができる。

– ジュリア・フォーレ、Loomブランドの共同創設者、協会エンモード・クリマ会長

– クロエ・コーエン、ジャーナリスト、「ニューモデル」ポッドキャストの作成者、献身的で持続可能なファッションについて

– マルク・アベレス、人類学者、École des Hautes Études en Sciences Sociales(EHESS)の研究ディレクター、本の共著者Regeneration:その後の世界のためのどのようなファッション?(夜明けの編)。

– マルク・アベレス、人類学者、École des Hautes Études en Sciences Sociales(EHESS)の研究ディレクター、本の共著者Regeneration:その後の世界のためのどのようなファッション?(夜明けの編)。

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 885
Enable Notifications OK No thanks