セブン-イレブンは、インド初の店舗をムンバイにオープンします。AP - ポール・サクマ

セブン-イレブンがインドに進出

10月9日(土)、アメリカの「セブン-イレブン」がインドで初めての小売店をオープンします。流通面では非常に有望でありながら、海外ブランドの参入が難しいこの巨大な国で、この小売チェーンは最初の一歩を踏み出すことになります。

ニューデリーのSébastien Farcis特派員とともに

セブン-イレブンのインドでのパートナーとなるのは、巨大なリライアンスである。石油事業や電話事業で国内最大の富豪となったMukesh Ambani氏のコングロマリットは、インドでは家族経営の食料品店(キラナ)が支配している小売市場を制するべく、小売業に多額の投資を行っています。後者は、マージンを大幅に削減して価格を低下させるこの外国の競争の到来を恐れています。

人口100万人以上の都市

外国のスーパーマーケットグループは、インド企業が49%を所有するフランチャイズを設立しなければならず、人口100万人以上の都市にしか進出できません。

インドでは数十の大都市が市場となるため、セブン-イレブンはまず巨大都市であるムンバイに数店舗を出店します。アメリカのグループは、24時間営業の小売ビジネスに参入している他のいくつかのインドのブランドにも対抗しなければなりません。

[rfi] https://www.rfi.fr/fr/france/20211014-france-la-hausse-des-prix-du-carburant-tend-les-usagers-et-le-gouvernement
シェアしよう!