台湾をめぐる中国の工作:圧力を受ける日本

ナンシー・ペロシ米国下院議長は、台湾への訪問を含むアジアツアーの最終地である東京に滞在しています。中国はこれに対し、北京から中国の反乱分子とみなされている台湾の周辺で史上最大の軍事演習を行っている。ナンシー・ペロシとの会談後、岸田文雄首相は日本と米国が「台湾海峡の平和と安定を維持するために緊密に協力する」ことを確認した。

 

岸田文雄首相の発言は、台湾海峡の安定を維持するために日米が緊密に協力することを明確に示している。中国とロシアに直面している日本は、「中国の軍事演習の即時停止」を要求しているが、同盟国であり保護者である米国に完全にコミットしていると、東京の特派員、フレデリック・チャールズは報じている。

日本最後の島、与那国島は、沖縄諸島の南部に位置し、台湾から約100kmの距離にある。中国の弾道ミサイルは台湾上空を通過し、一部は日本の排他的経済水域に初めて落下したと報じられている。「日本は外交ルートを通じて中国に抗議を申し入れた」と岸信夫防衛相は述べ、中国が発射した9発のミサイルのうち5発が日本の波照間島の南西に着弾したようだと指摘した。中国側としては、東京を威嚇する意味合いもあるのだろう。これらの中国のミサイル発射は、「我が国の安全保障に影響を与える深刻な問題」であると、日本の政府首脳は述べている。

中国の台頭により、日本は平和主義を掲げる憲法を解釈し直し、海外での集団的自衛権行使に軍隊を参加させることを認めています。中国が台湾を攻撃した場合、日本軍は米第七太平洋艦隊を後方支援する。

日本はすでに、台湾への侵攻は「存亡の危機」であると表明している。このような侵攻は、インド太平洋貿易の大半が通過する台湾海峡を封鎖することになる。

日本人は、台湾を身近に感じ、その将来を心配している。その大多数は、軍事費をGDPの1%から2%に倍増させることに初めて賛成している。政権を担う右翼は、この懸念に乗じて平和主義憲法の改正を進めようとしている。

メールマガジン購読

関連記事:中国と台湾の緊張関係「中国は脅威を膨らませて圧力をかける」

ウクライナでの戦争、そして、近いうちに台湾での戦争もあるかもしれない。そして明日は広島の原爆記念日…怖いですね。そして、この戦争狂の人間は、いつになったら、自分が大切にすべきは平和であることを理解するのだろうか…と思う。

 

中国CCTVのビデオクリップ
画像は中国CCTVのビデオクリップより:2022年8月4日(木)、中国の不特定の場所から発射される投射物。中国は、この地域の緊張を過去数十年で最高レベルにまで高めている軍事演習の一環として、木曜日に台湾海峡で「精密ミサイル攻撃」を実施したと発表した。AP

台湾の方々は、この試練をどう受け止めているのでしょうか。

中国軍が台湾海峡に艦船を配備し、上空にヘリコプターを飛ばしても、何も起こらない、台湾人はまだパニックに屈しない、どころか、そうでない。彼らは何年も、何十年も私たちを怖がらせようとしている」と若い女性はRFIに語った。私たちはもう慣れっこで、新しい脅威が来るたびに「また来るぞ」と自分に言い聞かせるだけですが、ここでは誰も心配したり最悪の事態に備えたりしていません。

しかし、中国は、地域の緊張の高まりを背景に、弾道ミサイルの飛来が報じられるなど、かつてない規模の作戦を開始した。台湾の歴史家、李暁峰は「台湾周辺では中国軍の航空機の動きがますます激しくなっている」と、メンタリティーの変化をもたらす爆発的なカクテルを指摘する。そして、このことが一部の台湾人の不信感を募らせるとともに、政府は国民に救助訓練を準備しているのです。”

中国の軍事演習は、台湾周辺で日曜日まで行われる予定です。

台湾周辺の中国軍演習マップ
台湾周辺の中国軍演習マップ © FMM Graphic Studio

https://www.rfi.fr/fr/asie-pacifique/20220805-manœuvres-chinoises-autour-de-taïwan-le-japon-sous-pression

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 883
Enable Notifications OK No thanks