エリザベス2世の死:人気女王の穏やかでない長い治世

2021年4月9日に亡くなった夫のフィリップ皇太子の死から1年余り、2022年9月8日(木)、英国の君主エリザベス2世が96歳の正統な年齢でこの世を去りました。70年にわたる長い治世は、伝統的でない、よりコスモポリタンな現代イギリス社会に沿った、強化された君主制をレガシーとして残しています。

英国は孤児となった。バッキンガム宮殿は、エリザベス2世の死去を正式に発表した。6月に70周年を迎えた故国王は、1年近く特定されることなく、健康状態が悪化していた。数カ月前から、公の場に姿を現すことはほとんどなかった。最後の姿は9月6日に行われた、リズ・トラス氏の首相就任を正式に決定するものであった。

今日、アルビオン全土が君主の失踪を悼んでいます。彼女は7月21日から避暑のために滞在していたスコットランドのバルモラル城で息を引き取った。1952年以来、国のトップである故人は、ポストコロニアル時代のイングランドの歴史が、騒々しく、激しく展開される、動かしがたい基地を構成していたのである。

歴史の1ページが変わる

訃報が伝えられると、数万人のロンドン市民や老若男女の観光客が首都の中心部に駆けつけ、英国君主の公邸であるバッキンガム宮殿の門前に一礼した。大きな錬鉄製の門の前には、バラと花束と、女王への賛辞のメモが置かれている。いつも完璧に着飾っている女王が、家族や恋人に囲まれて何度も挨拶をしてきたバルコニーに、霧がかかったような目を向けているのだ。英国人は、千年の歴史を持つ自国の最良の部分を、どんな状況でも体現してきた女王の心強い存在なしに生きることを学ばなければならないだろう。

“イギリス、グレートブリテンおよび北アイルランドならびにそのほかの王国および領土の女王、英連邦の長、信仰の擁護者 “は、ヨーロッパで最も古い冠位を持つエリザベス2世の公式称号であった。70年間女王であった彼女は、2015年9月9日、63年7カ月と2日間在位した第一祖父のヴィクトリア女王の長寿政権記録を塗り替えたのである。昨年6月の在位70周年記念式典では、イギリス国内だけでなく英連邦諸国でもエリザベス2世への賛辞が送られたことからもわかるように、エリザベス2世は人気絶頂の状態だったのです。

エリザベス2世は生きた歴史の1ページであった。15人の英国首相と13人の米国大統領との対話者ではなかったか。1947年、フィリップ皇太子との結婚の際、ガンジーは自ら織った生地で作ったふんどしを送った。ドゴールからネルソン・マンデラ、ワレサ、ネルー、チトー、天皇陛下、バイデン夫妻など、地球上で最も権威あるリーダーを女王はバッキンガム宮殿で迎えた。この長い物語の最初の1ページは、2021年4月9日、99歳、70年以上の結婚生活の末に夫であるフィリップ王子の失踪によって幕を閉じた。その長寿によって、夫妻は英国王政の永続性の象徴となったのである。

メールマガジン購読

1926年に未来の君主が誕生したとき、イギリスはまだ、聖なる式によれば、太陽が沈むことのない広大な世界帝国に君臨していた。第二次世界大戦、脱植民地化、冷戦の始まりと終わり、イギリスのヨーロッパ進出、イギリスにおける福祉国家の終焉、アイルランドの平和、そして最後に、2016年6月23日にイギリス人の過半数によって投票された「ブレグジット」(「イギリス脱退」の略)を経験した。3年半に及ぶ政治的混乱の末、2020年1月31日にようやく実現した英国のEU離脱は、Brexit賛成派と反対派の間で引き裂かれた英国社会にとって歴史的な大転換点であった。彼女は心理劇の間、揺るぎない中立性を保ち、クリスマススピーチ2019では、ちょうど75周年を迎えたノルマンディー上陸作戦の記念式典にただただ余韻を残し、「高い犠牲を払って私たちのために勝ち取った自由と民主主義」を守るために、英国人に分断を克服するよう呼びかけました。

女王は、その長い治世の間に国を特徴づける多くの変化を自らのやり方で体現し、一方で政府の業務に干渉しない立憲君主としての役割にとどまりました。フランソワ・ミッテランの言葉を借りれば、彼女は「真の近代女王」であり、多くの儀式の場で肩を並べた。

戦時中の救急車

1926年4月21日、41発の大砲が彼女の誕生を告げたにもかかわらず、後のエリザベス2世がいつかイギリスの王冠をかぶる日が来るとは、人生の初期には考えにくいことであった。彼女は、国王ジョージ5世の末子(ヴィクトリア女王の孫)の娘であった。伝統では、王位は国王の長男が継ぐことになっており、1936年に父が亡くなると、エドワード8世という名で王国のトップを継いだ。しかし、2度の離婚歴のあるアメリカ人女性との交際と、その結婚計画によって、国は非常に深刻な憲法の危機に陥ってしまった。数ヶ月の間、特に論争の的になった治世の後、王国と恋人のどちらかを選ぶよう求められた国王は、エリザベスの父親である弟アルバートを支持して退位した。彼はジョージ6世という名で即位した。

この出来事により、それまで家族ぐるみで仲睦まじく育ってきたエリザベスと妹マーガレットの生活は一変する。世継ぎの王女となったエリザベスは、女王という大変な仕事を学ぶ決意をしなければならなかった。それは、常に厳格な儀式の庇護のもとに生活することであり、また、王室機能の義務と隷属を自覚することであった。この点では、ブリッツ(第二次世界大戦中のロンドン空襲)の際に住民に共感し、王政の人気を高めた両親という良き師匠がいた。王室夫妻は戦争中、首都を離れることを拒んでいた。

エリザベス自身も1944年に予備軍に入り、救急車の運転手として戦争に参加した。戦後、彼女は両親の国内旅行だけでなく、英連邦諸国への旅行にも同行するようになった。1947年、南アフリカを訪れた際に行った「偉大なる皇室に人生を捧げる」という演説は、イギリスと英連邦にすべてを捧げる人生の道しるべとなった。

将来の女王としての重責を自覚していた若い王女は、遠い従兄弟で、同じくヴィクトリア女王の子孫であるギリシャのフィリップ王子と牧歌的な関係を築くことを妨げられはしなかった。伝説によると、王女は13歳のときにフィリップ王子と恋に落ちたという。1947年に結婚した二人は、4人の子供をもうけた。チャールズ(1948年)、アン(1950年)、アンドリュー(1960年)、エドワード(1964年)である。

26歳の時の女王

エリザベスは、心理的には王としての務めを果たす準備はできていたものの、父親が56歳というこんなに早く姿を消すとは思ってもいなかった。映画「王のスピーチ」で有名になったが、人前で話すことができなかったこの君主は、家族の支えによって障害を克服し、大英帝国の初代大統領としての役割を担っていた。1952年、ジョージ6世は肺がんのため、眠るように急逝した。皇太子妃は夫のフィリップとケニアに旅行中、父の死を知らされた。彼女はまだ26歳だった。急遽、送還された彼女は、君主の死の翌日に即位した。戴冠式は16ヵ月後にウェストミンスター寺院で行われ、その華やかな式典はラジオやテレビで生中継された。

1953年6月2日、戴冠式を終えたエリザベス2世は、夫であるエディンバラ公爵に見守られながら、ウェストミンスター寺院からロンドンのバッキンガム宮殿へと戻ってきた。 夫であるエディンバラ公の共犯的な視線の中、エリザベス2世は1953年6月2日の戴冠式を終え、ウェストミンスター寺院からロンドンのバッキンガム宮殿へと戻ってきた。© Topical Press Agency/Getty
1953年6月2日、戴冠式を終えたエリザベス2世は、夫であるエディンバラ公爵に見守られながら、ウェストミンスター寺院からロンドンのバッキンガム宮殿へと戻ってきた。
夫であるエディンバラ公の共犯的な視線の中、エリザベス2世は1953年6月2日の戴冠式を終え、ウェストミンスター寺院からロンドンのバッキンガム宮殿へと戻ってきた。© Topical Press Agency/Getty

若い女王は、立憲君主である自分には、実はほとんど力がないことにすぐに気づいた。政治的な役割は、毎年、政府が作成する王位継承演説を行うことぐらいであった。それは何よりも国家の存続を示す象徴であった。とはいえ、国民によって選ばれた多数派の長として、政府の方針を決定する首相との毎週の私的なヒアリングには真剣に取り組むことになる。1952年、エリザベス2世が即位した時、毎週火曜日の朝、目の前にいた首相は、他ならぬウィンストン・チャーチルであった。チャーチルは、ナチス・ドイツに勝利した英国の立役者であり、彼の師であった。チャーチルは、彼の師であり、彼に国内外の政治を紹介した人物である。

政治的な知性に恵まれた若い君主は、すぐに自信をつけ、国と世界の進歩に深い関心を寄せ、毎週の会議で政府の方針に関する自分の立場を歴代の首相に知らせることをためらわず、一方でプライベートで述べた自分の政治的意見が宮殿の外でほとんど話題になることがないようにした。しかも、長い在位期間中、女王が右か左か、誰にも分からない状態だった。ジャーナリストのインタビューに応じることもなかった。ただ、毎朝、ダウニング街10番地(首相官邸)で新聞や通信簿をはがし、精力的に働いていたことだけは確かである。10年間、毎週女王に会っていたマーガレット・サッチャーは、その回顧録で女王に賛辞を送り、君主が毎朝、重要な外交電報や通信を読む応用力に注目している。「鉄の女」は、「女王はおそらく、最も偉大な政治的経験を持ち、世界で最も情報に通じている女性であろう」と書いている。

さらに、「世界で最も情報に通じている女性」として、エリザベス二世は、2016年にイギリス人が僅差の多数決で決めた欧州連合からの離脱の時期や様式について、自国を横断し続けている深い溝を知っていたのである。しかし、彼女はこのテーマについて意見を述べることはなく、伝統的なクリスマスのスピーチで、国民に互いへの敬意を示すよう呼びかけるだけでした。

欧州・英連邦・アイルランド

エリザベス二世は、現実主義的な国家のトップとして、歴史の変化と直感的に結びつけながら、社会的・政治的な大激変に対処したのである。特に、1965年という早い時期に、第二次世界大戦のトラウマを癒すのに大きく貢献した歴史的なドイツ訪問を行うことで、イギリスのEU加盟を促進させたのである。

また、イギリスは、かつて植民地だった地域が独立し、自由な連合体であることを目指す多民族国家コモンウェルスへと帝国を比較的妥協なく変貌させたのもエリザベス2世に負うところが大きい。女王は、旧植民地政権が存続し、旧英国植民地からの新国家が発展し自己主張することを支援することが、植民地後の英国の経済的、政治的利益を守る最善の方法であると、非常に早い時期から理解していたのである。それゆえ、彼女は1961年に西アフリカのアクラで、ガーナの独立記念日の祝典にクワメ・ンクルマ大統領とともに出席したのである。

1990年には、出所したばかりのネルソン・マンデラ氏を英連邦首脳会議に招待し、再びその政治的知性を発揮した。英連邦諸国との関係を強化するため、彼女は、変わりゆく帝国の足跡をたどりながら、熱帯から対蹠地まで、ほぼ完全な世界旅行を何度も行った。2011年5月、アイルランド共和国を公式訪問した際に行ったスピーチは、この訪問が引き起こした論争にもかかわらず、7世紀にわたる英国のアイルランド占領に関連する緊張を緩和することに貢献し、彼女のプラグマティズムの感覚を示すもう一つの例となった。その結果、両国民の和解が実現したのである。

“Annus horribilis”

政治的なレベルでは、エリザベス二世は王国のトップとして過ごした年月の前向きな記録を正当に誇れるとしても、家庭生活を崩壊から守ることはもっと難しかった。エリザベス2世の治世は、子供たちの親密な生活や結婚生活に関連したスキャンダルで中断された。タブロイド紙やプライベートチェーンが絡むこれらの事件は、時に壮大なコミカルさを帯びて、王室をみんなの笑いものにした。最後の1回は2019年、エリザベス2世の次男であるアンドリュー王子が未成年の少女とのセックスで告発されたときだった。実はこの王子、アメリカの金融業者ジェフリー・エプスタインと非常に仲が良かった。この男は、女王の息子を含む大西洋の両岸の有力者に売春婦を提供していた疑いがあるのだ。

王室の漂流がピークに達したのは、女王自身が「annus horribilis」と表現した1992年、ウィンザー家の4人の子供のうち3人の別居が発表されたときである。特に、チャールズ皇太子とその妻で大人気のダイアナ妃との劇的な別離の激動は、英国人の目にはいつの間にか機能不全家族の見本そのものになってしまった王室のイメージを深く低下させた。

1997年、ダイアナ妃がパリで交通事故死し、英国が未曾有の集団ヒステリーの危機に陥ったとき、妃自身のイメージも傷ついた。動揺した国民は、エリザベスが元嫁に冷淡であると批判した。王位は揺らいだが、女王はテレビで「国民のプリンセス」を賞賛する発言をし、国に漂う緊張を和らげることに成功する。エリザベス2世は、その落ち着きと臣民とのふれあいの感覚のおかげで、世論を自分に有利な方向に導くことができたのである。

エリザベス二世と夫のフィリップ王子が車から降りて、バッキンガム宮殿前に散華された花を見る映像は、この国の歴史に刻まれました。エーピー
エリザベス二世と夫のフィリップ王子が車から降りて、バッキンガム宮殿前に散華された花を見る映像は、この国の歴史に刻まれました。エーピー

彼の家族については、エリザベス2世の孫であるウィリアムとハリーがそれぞれ2011年と2018年に結婚式を挙げたため、王室の華やかさに執着するイギリス国民の評価が上がるのを待たなければならなかった。2組の結婚式と女王のひ孫の誕生は、王政に新しい息吹をもたらした。しかし、ハリーと混血のアメリカ人妻メーガン・マークルが2020年初めに、メーガンに優しくないタブロイド紙から離れ、北米に移住して独立した生活を送りたいと発表すると、王政は小さな嵐に見舞われた。この決定は、サセックス公爵夫妻の地位問題に発展したが、女王が間に入り、夫妻の計画を承認する一方、夫妻が王室を去ることをいかに悲しむかを宣言し、緊張を和らげることに貢献した。彼女は、カナダ、そしてカリフォルニアへの移住を強力に後押しした。しかし、2021年3月、王室夫妻がアメリカのテレビで長時間にわたって爆発的なインタビューを行い、自分たちの好みにはあまりにも「反動的」で人種差別的ですらあり、サセックス夫妻によれば英国社会の多文化の変化に適応できない制度を非難したことから、英国王室とハリーとメーガンとの関係は険悪になっていった。

このような家庭の危機は晩年に至るまで続いたが、老齢の君主は、国のためにたゆまぬ努力を続けることによって、再び人気を取り戻した。2015年、90歳近くになった彼女は、341回の公式訪問を誇ることができた。2022年のプラチナム・ジュビリー(在位70年)祝賀式典への支持の声は、英国民が王政と断ち切れない絆で結ばれていることの証しだった。特にエリザベス2世は、憲法上の女王としての威厳と技術、そして臣民の期待を本能的に理解し、その仕事を遂行する術を知っていたのです。

エリザベス2世の時代、王制廃止を求める共和制の流れが本格化しなかったのは、彼女の国民に対する本能的なまでの親近感のためだろう。最近のYouGovの世論調査によると、イギリス人の80%がエリザベス2世に好感を持ち、70%が君主制に賛成している。故女王の後継者であるチャールズがより分裂的な性格を持つようになり、共和主義が強まる危険性があるのです。未来の王が、母のノウハウに触発されて、故女王の長い治世の主なトレードマークであった「卓越した主権的な裁量」を採用しない限りは。そして、おそらく彼女の人気の秘密でもあるのだろう。

https://www.rfi.fr/fr/europe/20220908-mort-d-elizabeth-ii-le-long-règne-pas-si-tranquille-d-une-reine-populaire

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 826
Enable Notifications OK No thanks