ロシア-ウクライナ:偽情報、プロパガンダ、影響力の戦争、もう一つの戦場

親ロシア派は、偽のプロフィールやハッキングされたアカウントを使って、ソーシャルネットワーク上で様々な偽情報キャンペーンを組織し、ウクライナを欧米人の手先に過ぎないかのように描いています。しかし、欧米の大手ウェブ企業は、この雪崩のような虚偽の情報を自社のプラットフォームから一掃するために、反攻に転じることを決定した。

主要なソーシャルネットワークは、ロシアの国営メディアからのメッセージや、親プーチン派のオンラインインフルエンサーグループからのあらゆるプロパガンダの発信を制限する措置をとっています。Facebook、Instagram、WhatsAppの親会社であるMetaは、Facebookの偽アカウントを使って反ウクライナの記事を大量に拡散しようとした大規模な親ロシア情報操作を解体したと発表した。

ロシアのプロパガンダに対抗するため、技術系大手が動員される

同社は、ロシア語とウクライナ語を母国語とする「専門家」を配置した特別オペレーションセンターを設置し、リアルタイムでプラットフォームを監視しているという。しかし、プーチンのトロールに影響力戦争をやめさせるための行動は、Facebookページだけにとどまりません。WhatsAppでも「シングルビューメディア」機能が有効化され、暗号化メッセンジャーのユーザーがウクライナから写真やビデオを送信すると、受信者が内密に閲覧した後に消えてしまうようになりました。また、ウクライナの加入者は、WhatsAppの「ephemeral messages」機能がデフォルトで有効になっているため、新しいチャットは24時間後に自動的に削除されます。

Metaはブログの中で、ロシアの国営メディアが同社のプラットフォーム上で広告を出し、収益を上げることを防いでいると述べています。Twitterは、ヨーロッパにおける親ロシア派のオンライン広告を停止し、同社のプラットフォームがプロパガンダツイートに対するモデレーションとコントロールを強化していると発表した。3月1日(火)、ヨーロッパのインターネットユーザーは、YouTubeのRussia Todayチャンネルにアクセスできなくなります。アメリカの巨大企業グーグルの子会社が、「ヨーロッパ全域で、RTとスプートニクのYouTubeチャンネルを直ちにブロックする」と確認した。また、同社は、住民の移動、ひいてはウクライナ軍の移動を保護するため、ウクライナのGoogleマップの一部のジオロケーションデータを非アクティブにした。

このようなネットワークを介した情報や映像の戦争は、アフリカ大陸にも広がっている。コートジボワールのアビジャンで開催されたサイバーアフリカフォーラムの総監督であるフランク・キエは、こう指摘する。 「ウクライナから出国しようとしてポーランド国境で阻止されたアフリカ諸国の国民の証言が、ここ数日、ソーシャルネットワークで放送されているため、これらの出来事はアフリカにとってより興味深いものとなっています。このニュースは、アフリカのネットユーザーから憤慨の声が上がっている。特に、マリ、ブルキナファソ、ギニア、中央アフリカ共和国など、最近、従来の西側諸国との関係よりもロシアに接近している国々に影響を及ぼしています。そして、ウクライナの現状にインターネットユーザーの関心を集めるデジタル活動も含め、大陸にロシアの影響圏が確立されつつあることがわかります。

ロシアも

一方では、ロシアのプロパガンダメディアがEUによって禁止され、他方では、Twitter、Facebook、Googleといったプラットフォームがモスクワによって口封じされている。しかし、ヨーロッパではもう一つのデジタル戦争が広がっている。通信インフラに対するサイバー攻撃である。そして、それはすでに始まっているのです ウラジーミル・プーチンがウクライナへの地上攻撃を発表した演説の1時間後、ウクライナを含むヨーロッパをカバーし、何万人もの人々にインターネット接続を提供しているViaSat衛星ネットワークは、始まったばかりのこのネットワーク戦争の最初の犠牲者となったのである。

メールマガジン購読
Default image
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 667