フィンランドは食糧自給を目指す

ウクライナ戦争で、食料不足と食料主権の問題が再び議題に上っています。ロシアと国境を接するフィンランドでは、問題意識は高い。

NATOの玄関口であるフィンランドは、国土の7%しか農業に従事しておらず、OECD諸国の中で最も低いシェアであり、世界最北の農場がある。フィンランド人は数年前から、その脆弱性を抑えるためのソリューションを開発してきました。また、肉類や穀物などの食料自給率も向上している。フレデリック・フォーのレポートです。ポーランドのレンタル価格高騰

ポーランドでは、賃貸物件を探すのが難しくなってきています。ウクライナ戦争や多くの難民の受け入れで、人口は15%増加しました。この流入により、ただでさえ厳しい不動産市場で賃貸料が高騰している。ワルシャワでは、Sarah Bakaloglouが説明しています。

マルセイユにある庇護希望者のための自主管理スクワット

フランスでは、自分の将来について知るために待っている庇護希望者の宿泊施設が不足していますが、どのように対処していますか?理論上は、CADAという庇護希望者のための受け入れセンターでの居場所か、1日7.40ユーロの手当が提供される。しかし、現実には居場所がなく、提供される手当も宿泊費としては不十分である。マルセイユでは、この問題に対処するため、難民や庇護希望者だけで構成される利用者団体PADAが、申請者自身による自主運営のスクワットを組織している。ヨーラム・メルール

 

イタリアで進行中の市民権改革

イタリアでは、何十万人もの移民の子どもたちにイタリア国籍を取得する権利がない。このテーマはローマで議論されている。市民権改革は、2カ月前から議会で活発に議論されている。Blandine Hugonnetが説明する。

 

メールマガジン購読

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/accents-d-europe/20220810-la-finlande-vise-l-autosuffisance-alimentaire

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 809
Enable Notifications OK No thanks