ビデオゲーム機販売における日本での「ゲリラ戦」について

ソニーや任天堂の国では、ゲーム機が不足しており、部品不足が生産に支障をきたしています。ゲーム機を手に入れようと、数百人のファンが、数台が入荷しそうな電気店の前で夜を徹して、組織的に行動しているのだ。日本では「ゲリラ的」なゲーム機販売と呼ばれる現象。

 

ゲリラ戦は、嫌がらせ、待ち伏せ、または手を助けることを特徴とする戦争の一形態です。日本のビデオゲーム戦線では、ゲリラ戦はスパイ活動です。これは、コンソールが供給されようとしている店舗を特定することです。これを行うために、買い手は情報機関を設立しました。全国に散らばっているそのエージェントは、コンソールの生産と店舗への配達日について学びます。人工知能研究者は、コンピュータ上のデータを処理し、コンソールを見つける最良のチャンスを評価し、48時間以内にコンソールを受け取ることができる都市や店舗の名前を諜報機関のインターネットフォーラムに投稿します。

製造業者が好むアメリカとヨーロッパの市場

バイヤーのグループをインターネット上で情報を共有する諜報員に編成しなければ、日本でビデオゲーム機を入手する可能性は最小限です。たとえば、自分自身に配達されるソニープレイステーション5を購入したい場合は、何ヶ月も店舗を見学し、そのうちの1つに入るたびに、在庫が枯渇していると言われます。そして、あなたは最終的にあきらめるでしょう。

中国における半導体不足と連続したロックダウンは、コンソールの生産を混乱させる。しかし、これらの問題を超えて、日本は自社メーカーによって優先市場とは見なされていません。その国は高齢化しており、人口は減少している。ソニーにとって、プレイステーション5の優先市場は北米とヨーロッパです。一部のアナリストは、昨年世界中で販売されたこれらの2000万台のコンソールのうち5%から8%だけが日本で販売されたと推定しています。

オンライン投機

日本のビデオゲーム機は、供給をはるかに上回る需要により、憶測の対象となっている。「ゲリラセール」で購入した多くのコンソールは、インターネット上ですぐに高値で再販されます。55,000円(390ユーロ)を購入したプレイステーションは、オンラインで2回簡単に販売できます。2023年後半まで生産量が大幅に増加すると予想されていない。

https://www.rfi.fr/fr/asie-pacifique/20220722-au-japon-guérilla-sur-le-front-des-ventes-de-consoles-vidéo

メールマガジン購読
Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 809
Enable Notifications OK No thanks