フランスプレスレビュー 2022-09-01

学校に戻ろう!

L’Est Républicainは、「新学期の時間だ!」と叫んだ。

「教室に戻る」とLe Courrier Picardは記している。

「学童が教室に戻ってきた」と、Libération Champagneは付け加えています。

「大切な日 」と、L’Unionが語る。

「イイね!学校に戻ろう。なぜ生徒たちは学校に戻ることを熱望しているのか」とLe Parisienは説明している。

「一般に信じられているのとは逆に、多くの小学生が学校に戻ることを喜んでいる」と新聞は伝えている。友人や先生と会う機会であり、時には「大人としての人生の始まり」を約束する場でもあるのです。

メールマガジン購読

学生たちのストレスは…

不安があるのは事実ですが…すべて同じです。ルモンド紙の見出しは、「学校に戻る:ストレスにさらされる生徒たち」。”Synlab協会 “が1000人の先生を対象に行った調査によると、中高生の3分の1近くがストレスや不安を感じさせる話し方や言葉づかいをしているそうです。(中略)学校や教育施設では、健康危機が青少年の倦怠感を引き起こしていることは明らかである。

しかし、学校の機能自体も「倦怠感の発生源」であるとルモンド紙は指摘する。補充されない教師の不在、養護教諭の不足、中学校でのハラスメント事件、高校での継続的評価の導入に伴う恒常的プレッシャー、パルクールップの選択が正しかったのかどうかという不安…。

…そして、先生方のブルース!

教師の倦怠感もある…これは『フィガロ』誌が指摘していることです。”採用難 “と “契約職員の活用 “が顕著な2022年度のスタートで、教師は色めき立っているようです。SE-Unsa組合が行った調査によると、彼らの76%以上が、パプ・ンジャエ大臣が機関に対する信頼を回復することに成功しないと考えている。”

さらに、Le Figaro誌は、「中等学校の主要組合であるSnesは、すでに9月29日に給与に関する専門家間の日のためにストライキを呼びかけることを示唆している」と続ける。再評価は『第一の目的である』と、すべてのキャリアレベル、無報酬で書かれている。もし、ンジャエ大臣が教育の課題に取り組みたいのであれば、具体的な決断をする大臣にならなければならない」と組合は警告している。しかし、Le Figaro誌によれば、大臣にどれほどの余裕があるのだろうか?

L’Humanité は「学校の扉は不確かな未来に向かって開かれている」と嘆息している。共産党機関紙は、教師の不足を指摘する。「今年、予定されていた27,300人のポストのうち、4,000人以上が埋まっていない。退職者を補うために、2030年までに32万9000人の教師を雇わなければならない。

気候変動にどう対処するか?

そして、新学期の始まりには、生徒と教師の双方が関心を寄せるもうひとつのテーマ、「気候危機」がある…。

これらは、生徒がランドセルに入れて持ち帰らない方がよかったと思う悩みです」とLibérationは指摘する。火災、干ばつ、致命的な嵐…ハガキは真っ黒になり、気候変動の緊急性は目の前にある。パリ近郊のバニョレで歴史と地理の教師をしているダイアン・グラヌーは、生徒たちの間で「エコ・インポテンス」が高まっていることを指摘する。と学生たちはよく言います。どうせ何もできないんだから」。管理が難しい辞任だとLibérationは指摘する。だから、彼女は時間をかけて話を聞き、既成の答えや解決策を持たずに物事を整理していく。(Libérationによると、6月にPap Ndiayeは、「地球温暖化と環境に関連するテーマをより実質的に統合するために、この問題を高等課程審議会に付託する」と発表している。連絡を受けた同省は、「近日中に」レターを送付する予定だという。

イタリアにはまだ遠く及ばない。”2019年に小学校から高校までのコアカリキュラムに地球温暖化と環境問題の研究を組み込むことを発表し、模範を示している “とLibérationは指摘する。

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/revue-de-presse-française/20220901-à-la-une-c-est-la-rentrée

 

Antenne France
Antenne France
Articles: 730
Enable Notifications OK No thanks