死の積極的支援に関する法律に向けて 2022-09-14

死の積極的支援に関する法律に向けて

「ポールとマイテは、2002年に安楽死が非合法化されたベルギーに住んでいました。二人は60年間愛し合った」とル・パリジャンは言う。同じ時期に、彼女は腎臓がん、彼は血液がんで亡くなることを知った。そして、彼らは共同出発を企画することにした。一緒に死ぬというのは、昔からの計画ではなかったんです」と、娘のエリスさんは説明する。このような状況が提示されたとだけ言っておこう。簡単な選択ではありませんでした。最後の手段として決断するのです。

夫婦で手をつないで眠るための鎮静剤の注射が最初にあった、とLe Parisienは続ける。母親は最後にもう一度娘を見つめてから目を閉じた。2回目の注射があった。ポールはすぐに帰ってしまった。マイテは数秒間、抵抗した。娘、婿、医療チームに囲まれた彼らの顔は穏やかで、安らかだった。”あの日、そこにあったのは愛だった。二人はお互いに贈り物をしたのです」。エリーズさんは、二人の死という条件が、悲しみを克服するのに役立っていると感じている。

2023年?

フランスで同じようなシナリオが見られる日も近いのでしょうか。間違いなく…” 安楽死法への道を開くマクロン」、『フィガロ』誌の見出し。”終活 “に関する市民協議を開始し、その結論を2023年春にお届けする予定です。そして上流では、政府は同時に代議士や上院議員との協調的で透明性のある作業を行います。”

この議論が、切り捨てられた言説の人質とならないよう願うばかりです。「望むときに」「望むように」、あるいはトランスヒューマニストたちによれば「望むなら」死ぬ「権利」の擁護者たちが、最初の日から最後の時まで身体を管理する唯一の希望として、あまりにも頻繁に言葉を掌握し乗っ取ってきたのです。品格」という言葉を振りかざしている。人間らしさ “という言葉を忘れてはならない」とル・フィガロは指摘する。「人間を偉大にするもの、つまり魂の細部が成長し、単なる細胞の塊から人間を区別する内面性を否定してはならない」のだ。

脆弱性についての考え方

結果は確実と思われるかもしれないが、対戦相手がそれに参加しないのは間違っている」とラクロワは指摘する。まだ時間があるのだから、冷静にその理由を述べればいいのだ。(中略)今こそ、例えば、単純化する人たちの不興を買いながらも、宗教的信念だけでなく、政治的、哲学的な選択肢の機能である禁止の意味を思い起こすべき時です。ラクロワは、「最終的に問題になるのは、私たちの脆弱性についての考え方だ」と言う。フランス社会が踏み出そうとしているこの坂の上から、私たちが見るリスクは、死ぬ権利がいつの日か、最もか弱い人々が、愛する人やコミュニティに負担をかけることを恐れて、生を断念することを禁じるように変わってしまうことだ。

私たちの最も壊れやすい親密さに直面し

もちろん、このテーマは目まぐるしいものです」とLibérationは認めています。哲学的であり、親密でもある。集団と個人。イエス」「ノー」だけでは決着がつかないのです。そこで、終末期に関する市民大会を開催するのも一案です。ただし、それは、わずかな変化を先延ばしにするためのものであってはならないという条件付きです。終末期は政治的に利用するにはあまりに重要なテーマです。

ラ・シャラント・リーブルは、「日常生活に関する議論の凡庸さやマニカエイズムから離れたところで、死について議論できるようになるのだろうか」と疑問を投げかける。特に、フランス人の大多数は、現行の法律を積極的な死の援助の可能性に向けて発展させる準備ができているようだ、と新聞は答えている。安楽死、自殺幇助、死ぬまで深く継続的な鎮静は、2016年以降、クレアス=レオネッティ法が非常に厳しい条件の下で認めている。このような繊細なテーマは、明確な立場だけでなく、実際の協議がないことも禁じられる。この作品は、私たちの最も壊れやすい親密さと、死に対する私たちの姿勢という目まぐるしい問題に直面させるものだと、La Charente Libreは結論付けています。私たちの、そして私たちの大切な人のために」

メールマガジン購読

 

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/revue-de-presse-française/20220914-à-la-une-vers-une-loi-sur-l-aide-active-à-mourir

Antenne France
Antenne France
Articles: 730
Enable Notifications OK No thanks