経済危機の最中におけるエリザベス2世の葬儀の費用はイギリスを分断する

エリザベス女王2世の棺がロンドンに到着している間、英国の君主制の反対派は、最新の世論調査によると人口の約20%は、この葬儀の素晴らしさとコストを非難し、国が非常に深刻な経済危機に直面しているため、彼らの目にはさらに過度です。

ロンドン特使のダニエル・ヴァロットとともに

エリザベス2世の死後、イギリスでは悲しみと記憶が続いていますが、一部の人にとっては、組織された儀式は、現在深刻な経済危機を経験している英国ではあまりにも高価です。

したがって、テレビでも女王の葬儀をボイコットすることを決めた人もいます。これは特に、共和党員として自分自身を提示するロンドン郊外の居住者であるロバートの場合です。彼は、この経済的文脈で儀式の規模が過剰であると感じています:「人々が請求書を支払うのが非常に困難になるとき、これらすべてを見るのは確かに非常に不穏です、実際には彼らはすでにそうです!この素晴らしさ、これらの行列、全国の王室運動は必要ありません。スカンジナビア君主制やオランダなど、もっと控えめなもので十分だっただろう。

「君主制はビジネスに良い」

これらの葬儀はすでに歴史上最も高価であることを約束しています。しかし、スキャンダラスなものは何もない、とロンドンの別の居住者であるマークは言う。「はい、お金がかかる、王室はお金がかかる!しかし、それは理由ではありません。君主制がもたらしたすべてのことを考えると、特に女王は…高すぎないと思います」と彼は信じています。

君主制の支持者の定期的な議論:王室は確かにお金がかかる – 年間5000万ユーロ – しかし、それは観光の利点のおかげで国にさらに多くをもたらしますが、それだけでなく、適度な君主主義者として自分自身を提示する起業家であるアンディは説明します。「これは世界的に知られており、英国企業のセールスポイントとして機能するブランドイメージです。君主制は観光だけでなく、ビジネスにも良いことだと彼は信じている。

君主制の批評家であろうと、イギリス人はいずれにせよ、新しい王は王室のライフスタイルを減らす必要があることに同意します。しかし、これは9月19日に予定されている葬儀の後になります。

メールマガジン購読

8月、イギリスではインフレ率が10%に達し、40年間で前例のない。また、エネルギー価格に関しては、2021年10月と比較して300%近く上昇しました。非常に急激な増加により、何千人ものイギリス人が「支払わない」と呼ばれる運動に力を合わせ、次の電気代を払わないと脅している。

https://www.rfi.fr/fr/europe/20220914-le-coût-des-funérailles-d-elizabeth-ii-en-pleine-crise-économique-divise-les-britanniques

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 809
Enable Notifications OK No thanks