インドは中国を追い越して世界で最も人口の多い国になる

インド亜大陸では毎日推定67,000人の赤ちゃんが生まれています。国連は、すでに地球上の人間の6人に1人である14億3000万人以上が住むインドが今週中国を追い越し、今では他のどの国よりも多くの人々を抱えていると発表した。

「今月末までに、インドの人口は1,425,775,850人に達し、中国本土の人口を上回ると予想されている」と国連経済社会局は述べた。

先週、国連の年次世界人口状況報告書は、このマイルストーンは2023年半ばまでに達成されると述べた。

インドは、自国の人口の急速な成長と、2022年に14億2600万人に達した後に停滞した中国の減少の両方により、中国を追い越している。

昨年、中国の出生率は、女性1人あたり1.2出生で世界で最も低いレベルの1つに低下しました。

インドは、増加する人口に電気、食料、住宅を提供する上で大きな課題に直面しています。

その都市の多くは、水不足、大気汚染、水質汚染、混雑したスラム街に苦しんでいます。

毎年何百万人もの若者が労働力に参入し、彼ら全員に仕事を提供する能力がない経済で機会を見つけるのに苦労しています。

中国はさらに地面を失う可能性が高い

国連によると、インドの人口は今後数十年で増加し続けることは「事実上確実」である。

国連の予測の中央値は、インドが世紀半ばまでに15億に達すると見ているが、当局は実際の数字ははるかに低いか高い可能性があると強調している。

昨年、中国の出生率は、女性1人あたり1.2出生で世界で最も低いレベルの1つに低下しました。

中国経済は、人口の高齢化により、ポジションを埋めることにますます挑戦しています。

北京は先週、その国家戦略は「人口の高齢化に積極的に対応し、3人出産政策を推進する」ように設計されていると述べた。

「中国の人口配当は消えていない。人材の配当は形になり、開発の勢いは依然として強い」と外務省のワン・ウェンビン報道官は述べた。

https://www.rfi.fr/en/international/20230430-india-overtakes-china-to-become-world-s-most-populous-nation

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1701
Enable Notifications OK No thanks