日本は中国の脅威に直面するために1,000以上の長距離ミサイルを配備したいと考えています

ロシアのウクライナ侵攻以来、アジアでの緊張の高まりに直面して、日本は新しい防衛能力の獲得を加速させている。中国による台湾侵攻の可能性、北朝鮮のミサイル発射、日本海でのロシアの軍事活動の激化に対応して、1000以上の長距離ミサイルを配備できると新聞は示唆している。

東京特派員フレデリック・シャルルと

日本は、群島の南、九州島だけでなく、台湾から約100キロ離れた小さな島にも1000発のミサイルを配備したいと考えています。対艦ミサイルの範囲は100キロメートルから1000キロメートルに増加するだろう。これにより、彼らは中国と北朝鮮の沿岸地域に到達することができるだろう。

読売新聞は、日本の飛行機や船も地上の標的に到達できる新しいミサイルを発射する能力を持っていると付け加えた。

テレビスタジオで、元国防相の小野寺逸則は、日本は強力な攻撃手段にさらされることを攻撃したいと誘惑された国々に証明しなければならないと述べています。国はまた、それを守るために同盟国の支援を頼りにしたいなら、ウクライナと同じ勇気を示さなければならない。これは日本がウクライナ戦争から学ばなければならない教訓の1つだ、と小野寺逸則は言う。

憲法の変更

欧州紛争が始まって以来、日本は防衛支出をGDPの2%に倍増させる計画だ。中国の軍事予算は2,250億ユーロの順で、日本の5〜6倍高い。

ロシアのウクライナ侵攻以来、中国とロシアの船と爆撃機が日本から迫っている。ロシアの潜水艦はウクライナで使用されているものと同じタイプの巡航ミサイルを発射しているが、中国はまた、日本が管理しているが北京が主張する尖閣諸島周辺の活動を増やしている。

メールマガジン購読

日本は防衛のために米国との安全保障条約に依存している。しかし、国際情勢の変化に適応するために、平和主義憲法を改正しようとしています。

https://www.rfi.fr/fr/asie-pacifique/20220822-le-japon-veut-déployer-plus-de-1000-missiles-à-longue-portée-pour-faire-face-à-la-menace-chinoise

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 826
Enable Notifications OK No thanks