中国の一帯一路から10年、受給者は赤字で1兆ドルです

北京は、ウルグアイからスリランカまで、世界150カ国以上が、2013年に習近平国家主席が立ち上げた広大なグローバルインフライニシアチブである一帯一路構想(BRI)に署名したと述べている。

このプロジェクトの最初の10年間、中国は、いわゆるグローバル南、東ヨーロッパ、バルカン半島の多くの国で橋、港、高速道路の建設に資金を提供するために巨額の融資を分配しました。

今日、165カ国の約21,000件のプロジェクトの分析は、北京が低・中所得国に「年間約800億ドルをホバリング」する援助と信用を約束したことを示しています。

米国に拠点を置く開発資金を追跡する研究機関であるAidDataが11月6日に発表した「ベルト・アンド・ロード・リブート」報告書によると、これらのローンの半分以上が元本返済期間に入った。

しかし、AidDataのエグゼクティブディレクターであり、報告書の責任者であるブラッドリー・パークスによると、「中国は、旗艦グローバルインフラストラクチャイニシアチブの崩壊と燃焼を傍観するつもりはありません。」

中国当局はすでに「一帯一路のリスクを軽減するための広範囲にわたる取り組み」を開始した、と彼はRFIに語った。

北京は救助任務中です。グローバルなプロジェクトポートフォリオをスキャンしており、危機に対応して消防活動を展開しています。

パークスによると、北京は「一連のローン返済セーフガードとプロジェクト実施ガードレールを導入することによって」BRIを「将来性」に備えようとしている。

問題のあるプロジェクト

中国は発展途上国に約1.3兆ドル相当の約5,000の融資を行い、そのほとんどは鉄道、空港、鉱山などの高額なインフラプロジェクトに融資しています。

AidDataの報告書によると、中国の海外融資ポートフォリオの80%が現在、財政難に陥っている借り手を支援していることがわかった。

中国は、BRIが正式に開始される10年以上前の2000年までにすでに海外プロジェクトに従事し始めていた。

しかし、パークスは、世紀の変わり目に、約4億5000万ドルの価値を持つ17の「問題プロジェクト」しかなかったと言います。今日の問題は、4500億ドル以上の1,700近くのそのようなプロジェクトが125カ国に広がっている驚異的な100倍です。

「それらの頭痛は本当に広範囲に及んでいる」とパークスは言う。

中国の一帯一路構想の概要。© ロイター
中国の一帯一路構想の概要。© ロイター

中国が2013年にBRIを立ち上げたとき、それは「これらの大規模なインフラプロジェクトに多くの安価な信用を配ることで友人を獲得し、影響力を得るために」そうした、とパークスは言う。

当初、その戦略はうまくいった。約140カ国がBRIのバンドワゴンに飛び乗ったが、数年以内に事態は低迷し始めた。

パークスによると、「北京は発展途上国の国民の支持率が56%から40%に急落している」という。

「評判資産であるはずのプロジェクトは負債になった」と彼は言う。

中国のローンの猶予期間が満了し始めると、事態は悪化した。多くの国が借金を返済できず、北京は強引な戦術で対応し、世界最大の公式債権回収者としてのレバレッジを利用して返済ラインの最前線に向かおうとしました。

「債権回収業者に関することは、彼らが多くの人気コンテストに勝てないということです」とパークスは言います。

「債務トラップ外交」の代替案

しかし、ParksとAidDataは、北京が体系的な「債務トラップ外交」を追求したという証拠を見つけなかった。その激しく争われている理論によると、中国は原材料やインフラ資産の形で担保を取るために意図的に持続不可能な融資を延長した。

これはいくつかの孤立したケースで起こったかもしれないが、「中国はそれよりもはるかに賢い」とパークスは言う。

AidDataの報告書によると、北京は現在、「返済されないリスクから身を守るためのますます厳しい保護措置」を課すことで、BRIのリスクを軽減しようとしている。

これには、主要なBRI貸し手が、エスクローに保持されている借り手の外貨準備を「一方的に広範な」することによって、元本と利息を支払うことを可能にすることが含まれます。

「これらの現金押収は、主に秘密裏に、国内監督機関の即時の範囲外で実行されている…低・中所得国で」とそれは言った。

中国の習近平国家主席は、2023年10月18日に北京人民大会堂で一帯一路フォーラムの開会演説を行った後、手を振る。© AP / Ng Han Guan
中国の習近平国家主席は、2023年10月18日に北京人民大会堂で一帯一路フォーラムの開会演説を行った後、手を振る。© AP / Ng Han Guan

パークスは、発展途上国における中国の非緊急融資ポートフォリオの約50%が、シンジケートとして知られる銀行グループとの協力協定を通じて提供されていると推定している。

そして、発展途上国への中国のシンジケートローンの80%は、フランスの銀行や多国間機関を含む西側の商業銀行が関与しており、パークスは「今まで検出されていない」と述べています。

しかし、それは北京がBRIを「厳密に二国間トラックから外」取り、返済と評判リスクを中国国内外のより大きな貸し手グループに広げようとしていることを意味します。

「この戦略をリスクを軽減する近道と考えてください」とパークスは言います。

多くのベルト、複数の道路?

BRIは西側諸国の間で突風の行動を引き起こし、世界の道路、通信インフラ、輸送ネットワークが中国に支配されているかもしれないという悪夢のシナリオに突然目覚めた。

北京との関係悪化を背景に、西側は北京の大敵であるインドとともに一連の大規模な対抗策を開始した。

これには、日本の自由で開かれたインド太平洋イニシアチブ、インドと日本の共同プロジェクトであるアジア・アフリカ成長回廊、ワシントンのより良い世界構築パートナーシップ、EUのグローバルゲートウェイ、グローバルインフラと投資のためのG7イニシアチブパートナーシップ、インド中東・ヨーロッパ経済回廊が含まれます。

しかし、パークスは、これらのプロジェクトは本当に一帯一路と競争できないと考えています。

「たくさんの話がある」と彼は言う。「アクションはあまりありません。そして、この新しいレポートの分析で見られるのは、北京が本当に競合他社の一歩先を行っているということです。

https://www.rfi.fr/en/international/20231111-china-belt-road-recipients-1-trillion-in-the-red

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1521
Enable Notifications OK No thanks