「寿司テロ」、日本食レストランをパニックに陥れる悪趣味のジョーク

日本では、ティーンエイジャーが指を舐め、トレッドミルで寿司に触れる一連のビデオは、ソーシャルネットワークに憤りを喚起します。 これらの悪趣味のデマの犠牲者であるレストランチェーンは、衛生対策を強化することによって反応します。
東京の特派員、フレデリック・シャルルと

ビデオの1つでは、ティーンエイジャーが醤油のボトルを舐め、次にティーカップの端を舐めているのが見えます。それから、彼は回転するカウンターで寿司を笑いながら触れる前に指を舐めます。このビデオは、日本中部の岐阜にある寿司郎チェーンのレストランで撮影されました。それは4000万回近く視聴されています。1回のセッションで、東京証券取引所の寿司郎チェーンのシェアは、その価値の5%を売却しました。

他のターンテーブル寿司レストランで撮影された他のビデオは、例えば、パレードする寿司皿にマスタードのような調味料であるわさびを適用する顧客を示しています。もう一人は緑茶の粉の容器でスプーンを舐めます。

日本の憤り

疑いを疑う以上の衛生状態で知られる日本では、憤りが大きいです。インターネットユーザーは、これらの行為を「寿司テロ」または「寿司テロ」と表現しています。寿司郎チャンネルによると、4000万回も見たビデオのティーンエイジャーが両親と一緒に謝罪しに来たという。これらの言い訳だけでは不十分です。チャンネルは最初に民事に、おそらく犯罪者に苦情を申し立てた。

他のチャンネルは同じ堅さで反応し、顧客を監視するためにカメラを設置することを検討しています。寿司郎チェーンは、すべての醤油のボトル、岐阜のレストランのすべてのカップを置き換えました。サポートキャンペーン「Save Sushiro!」を知ったとき、彼女は感情を隠さない。「ソーシャルネットワークで開始されました。

https://www.rfi.fr/fr/asie-pacifique/20230203-le-sushi-terro-la-blague-de-mauvais-goût-qui-affole-les-restaurants-japonais

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1696
Enable Notifications OK No thanks