国際的な組織であるInterprideは、2025年の世界プライドマーチを台湾の南部に位置する高雄市で開催することを発表したプレスリリースの中で、台湾を「地域」と表現したことが物議を醸しました。この言葉は結局撤回された。

台湾の特派員、アドリアン・シモレより

台湾という「地域」。これは、先週の金曜日、世界プライド大会の主催者が、2025年の開催地を台湾の高雄にすると発表した際に、物議を醸した言葉です。

この言葉はすぐにインターネットユーザーや、台湾を「独立国」と考える台湾政府の間で波紋を呼びました。台湾の外務省は先週の日曜日、「中国が組織に圧力をかけた」と非難し、組織委員会に連絡することを約束しました。ようやく成功した一手。

自己決定権を守るために

火曜日、Interprideはこの言葉を撤回し、シンプルな「Taiwan」を選択しました。「私たちは自決の権利を守っている」と、組織は声明の中で自らを正当化しています。

台湾が中国から名称に関する圧力を受けたのは今回が初めてではありませんが、台湾側が勝訴するのはかなり珍しいことです。これにより、台湾は東南アジアで初めて「世界プライドマーチ」を開催する国となり、2つの勝利を得ることができました。

高雄市が選ばれたのは、LGBTQの権利に関する台湾の取り組みに敬意を表してのことです。2019年、台湾は東南アジアで初めて全員の結婚を合法化した国となりました。これは、中国のLGBTQコミュニティの状況とは対照的で、今月初めに大手LGBTQ権利NGOのひとつがすべての活動を停止すると発表しました。