台湾の国民投票:中国国民党の失敗

野党国民党は、4つの国民投票が、伝統的に独立を支持する蔡英文総統の政権に対する不信任投票になることを望んでいた。しかし、どの投票用紙も有効な票を集めることができなかった。

台北の特派員、Adrien Simorreと。

中国国民党は、この国民投票を台湾政府の政策に対する不信任決議とし、特にアメリカとの関係を緊密化させたいとしていた。

合計で約1,900万人の台湾の有権者に4つの質問をした。アメリカ産の肉の輸入や、台湾北部のガソリンスタンドの建設など、技術的な問題である。

しかし、参加率は41%にとどまり、国民投票が成立するほどの票を集めることはできなかった。さらに悪いことに、4回の投票のそれぞれで政府の立場が強化されたことさえあった。

メールマガジン購読

援護射撃

この結果は、国民党にとっても、北京にとっても、本当に不利なものである。台湾の研究団体IORGによると、中国のプロパガンダは国民党の反対派を支援するために手を貸したのだという。

与党の次のテストは1月9日に行われる見込みです。独立賛成派として知られる有名なロッカー、フレディ・リム議員がリコール住民投票の対象になっている。中国国民党が始めた投票でもある。

https://www.rfi.fr/fr/asie-pacifique/20211218-référendum-à-taïwan-l-échec-du-parti-nationaliste-chinois

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 823
Enable Notifications OK No thanks