日本におけるCovid-19:政府が無料のPCR検査と抗原性検査を導入

流行が始まって以来、日本では抗原検査やPCR検査は手が届かず、非常に高価なものとなっています。政府は、オミクロン変異体の国内での蔓延を防ぐため、それらを無料化し、スクリーニングセンターを増やすことを決定したところです。東京の特派員、ブルーノ・デュバルを囲んで

日本では、オミクロンの変異型が日本中、いや世界中に広がっています。ただし、現在までに3回目のワクチンを接種した日本人は、わずか1%です。

Covid-19の日々の発症数は、首都圏や列島の多くの地域で再び増加している。新型インフルエンザの流行を懸念するには十分な数で、日本ではすでに6回目の流行となる。

 

“価格外 “の検査はこれまで

「この休みに、祖父母に会いに行く予定なので、検査を受けようと思いました。祖父母は高齢のため、体が弱くなっています。祖父母の健康を危険にさらしたくはないのです」と、この東京人は迷わず検査を受けたという。

もう一人の東京人は、政府の決定を歓迎している。「これらの検査は値段が高く、発熱が多いので医師が処方した場合のみ社会保障から払い戻されるものでした。今なら無料で受けられる!とても良いことだと思う。」

予防接種運動の加速化

しかし、東京の街角で通行人の何人かを支配している気持ちは、腹立たしいということだ。「このような検査は、流行が始まったときから無料で受けられるようにすべきだった。そうすれば、多くの人が不安になるはずだ」。

また、3回目の接種キャンペーンを早めるべきと考える通行人もいる。「ちょっとした抗原検査のために、3時間も4時間も待たされたんです。それでも多いように思います 」と、この別の東京人は答える。

東京では毎日、3万人が検査を受けることができますが、1400万人の都市にいるのです。これでは、審査の候補者は多いが、結局選ばれる人は少ない。だから、不満のある人が多いのです。

https://www.rfi.fr/fr/asie-pacifique/20211231-covid-19-au-japon-le-gouvernement-instaure-la-gratuité-des-tests-pcr-et-antigéniques