米国がChip 4プロジェクトで半導体攻勢を開始

感度の高い半導体分野で重要な3カ国が集結。これが「Chip 4」プロジェクトのアメリカの野望です。中国をできるだけ排除しながら、台湾、韓国、日本と永続的な同盟を結ぶという計画です。その背景には、パンデミック時の半導体需要急増の影響がまだ残っており、緊迫した経済情勢があります。

527億ドルは、米国内外の企業が米国内で半導体生産に投資するために、ワシントンが提供するパッケージである。ただし、今後10年間は中国に投資しないことが条件だ。この計画は、8月9日にホワイトハウスの庭で、サングラスを鼻にかけたジョー・バイデンが署名した法律、Chip and Science Actに明記されている。

アメリカのもう一つの攻勢は、地球の経済機能に不可欠となったこれらの製品の生産に関わる5つのキープレイヤーのうち、4つを結集させる「Chip 4」アライアンスプロジェクトである。コンピュータ、携帯電話、洗濯機など、私たちの電子機器の流通はすべて、半導体市場が正常に機能することが条件となっています。

キーパーソン会議

台湾と韓国はメモリーチップの製造と高品質な半導体の製造を得意とし、日本は重要な材料供給国である」。米国は設備とインフラを提供する」と、チェボル(韓国の巨大財閥)の専門家でソウル大学経済学部教授の朴相仁(パク・サンイン)氏は言う。「半導体市場で大きな優位性を持つこれらの国々が、サプライチェーンの確保に合意したことは驚くことではありません。

商務部の朱捷廷報道官を通じて、北京はすでに強く反対している。「産業とサプライチェーンの安定は、我々すべてに関わるグローバルな問題である。中国は、この問題に関してどのような合意がなされるとしても、差別的で排他的なものではなく、オープンで包括的なものであるべきだと考えている。しかし、バイデン政権の計画の揺れが最も強くなるのは、ワシントンから7000キロ近く、北京から1000キロ弱離れたソウルであろう。サムスン電子とSKハイニックスという韓国の二大巨頭が、米国での事業展開の見通しを喜んでいるようであれば、中国の隣国を完全に見捨てることは難しいからである。

韓国のSKハイニックスは、半導体分野のリーダー企業の一つである。JUNG YON-JE/ AFP
韓国のSKハイニックスは、半導体分野のリーダー企業の一つである。JUNG YON-JE/ AFP

技術的な観点から見ると、米国への依存度は高く、両国の間には非常に強い歴史的な同盟関係があります」。しかし、中国は我々の主要な経済パートナーであり、韓国の2大企業が得意とするメモリーチップの世界最大の消費国です」と、ソウルの淑明大学の経済学教授、オ・ジョンソク氏は指摘します。中国を失えば、半導体の輸出の3分の1を失うことになる」。さらに、この分野の韓国大手2社は、チップ生産の40%を中国に集中しており、この方程式はソウルにとってほとんど解決不可能なように思われる。

メールマガジン購読

台湾の参加問題

しかし、ワシントンは完全に自国に有利になるようにイニシアチブをとっている。サムスン電子のテキサス新工場への巨額投資(170億ドル)、SKハイニックス社長のジョー・バイデンへの220億ドルの対米投資の約束は、楽観を促すと言わざるを得ない。特に2017年、ミサイル防衛システム「THAAD」の設置を理由に北京が韓国に対して経済報復を行って以来、サムスンは中国での投資を減らしている。中王国における財閥の人員は、過去9年間で70%縮小している。「半導体の建設で台湾や韓国の企業に大量に投資してきた北京にとって、これは複雑な状況だ」と朴相仁(パク・サンイン)は言う。中国は韓国を必要としており、2021年にはチップの輸入量の13%を占めると言われています。

台湾が参加する可能性があることは、この問題をより深刻にすることは明らかだ。事実上の独立島と大陸の領土問題は別として、最新世代のチップで世界をリードするTSMCは台湾人である。アップルの主要サプライヤーの一つである後者は、上海と南京に工場を持っています。北京にとっては、3ナノメートルや5ナノメートルの最新世代チップの生産競争で、台湾や韓国の競合他社に遅れをとっているため、時間がないのだ。一方、中国の巨大企業であるSMICは、7ナノメートルに到達することができたばかりである。このような状況下で、自国の経済にとって不可欠なサプライチェーンを排除しようとする試みに、北京が厳しい反応を示さないとは考えにくい。

台湾・新竹のテクノロジーグループ本社で、TSMCの社旗の横に掲げられた台湾国旗(2017年10月5日撮影)。Eason Lam/REUTERS
台湾・新竹のテクノロジーグループ本社で、TSMCの社旗の横に掲げられた台湾国旗(2017年10月5日撮影)。Eason Lam/REUTERS

非現実的な野望?

では、世界最大のチップ消費国を完全に孤立させるにはどうすればいいのか。世界経済に不可欠なサプライチェーンから中国を切り離すにはどうしたらいいのか。パンデミックによって世界的に人手不足に陥っている分野でも実現可能なのでしょうか?これらはすべて、4カ国間の合意の明確な輪郭が見えてくるまで、答えのない問題である。

特に、朴相仁にとって、「米国が中国に対して非常に攻撃的であるという自国の利益がある場合、韓国、日本、台湾に大きな損失をもたらす可能性がある」からだ。経済学者は、この3カ国が米国に影響を与え、受け入れ可能な解決策を見出すことを目指すと想像している。呉善花(オ・ジョンソク)は、「北京を安心させなければならない」と考えている。”まず、韓国はChip 4連合に絶対に参加しなければならない。そして、サプライチェーンから完全に排除するわけではないことを中国に説得することが課題となるだろう。現状では勝ち目がないと思われるミッション。

今のところ、ソウルは時間をかけて勝負している。このことは、韓国の朴晋外相が8月8日から10日にかけて行われた中国側との会談で、韓国の参加は「特定の国を排除したり、対象としたりすることを目的とするものではない」と述べたことからもうかがえる。米国とその潜在的パートナー3社の間で近々予備会談が行われるはずだとしたら、金曜日に台湾の経済部長は、会談が行われることを知らされていない、と述べた。エピローグを見つけるには程遠いファイルは、経済的・地政学的な緊張に応じて変動するリスクがあります。

https://www.rfi.fr/fr/économie/20220819-les-états-unis-se-lancent-dans-une-offensive-sur-les-semi-conducteurs-avec-le-projet-chip-4

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 809
Enable Notifications OK No thanks