ニースのボス、クリストフ・ガルティエ(Christophe Galtier)は、水曜日の夜に行われるリーグ1のマルセイユ戦に向けて、最高のフォームを作り出す必要があると選手たちに警告した。

2021年のリーグ1でリールを優勝に導いたガルティエは、「マルセイユは今シーズン、パリ・サンジェルマンとタイトルを争うチームの一つだ」と語った。

“彼らは欧州でプレーしており、来季の欧州大会の出場地にすでに入っている……だから、彼らと競い合うためには、我々は素晴らしい状態でなければならないだろう”

水曜日の夜の試合は、8月にニースのアリアンツ・アレーナで行われた試合後、リーグ1の規律監視機関が両チームに制裁を加えたため、トロワでは非公開で行われます。

リプレイ

この試合は、ニースが1-0でリードしていた75分に、ピッチ上で選手、コーチングスタッフ、ファンの間で乱闘が起こり、中止となりました。

この乱闘は、マルセイユのMFディミトリ・パイエがコーナーキックを蹴ろうとした際に、彼に当たったボトルを観客に投げ返したことに対して、ニースのサポーターが立ち向かったことから起こりました。

この行為に対し、パイエには1試合の出場停止処分が下されました。また、パイエのチームメイトであるアルバロ・ゴンザレスは、サポーターとの乱闘により、2試合の出場停止処分を受けました。

また、マルセイユのフィットネストレーナーであるパブロ・フェルナンデスは、ファンを殴ったとして、6月30日までベンチ、主審控室、すべての公式行事への参加を停止されました。

制裁

ニースは勝ち点1を減点され、さらに観客とのトラブルが発生した場合にはもう1つ減点されると言われました。

ガルティエは、「私たちには復讐という要素はありません」と付け加えた。「罰を受けても、それを受け入れるしかないのだ。トロワでの試合は最も重要なものではないが、重要な試合である」。

ニースは勝てば2位となり、首位のパリ・サンジェルマンとの勝ち点差は6になります。マルセイユは勝てばPSGとの勝ち点差が7に縮まります。

「マルセイユのボス、ホルヘ・サンパオリは、「ニースは、いつでも得点できるチームだ。「ニースはいつでも得点できるチームだ。 我々がゲームをコントロールできなければ、間違いなく問題になるだろう」

 

AntenneFranceとフランス国営放送局RFIの提携

https://www.rfi.fr/en/sports/20211027-troyes-story-nice-and-marseille-replay-game-abandoned-amid-crowd-violence