NGOによると、セーヌ川の海はまだ泳ぐほどきれいではない

試験場の近くで採取された14のサンプルのうち、フランス環境労働安全衛生庁によると、12は水泳に適しておらず、規制のしきい値よりも最大7倍高い。その部分では、パリ県は、この夏に泳ぐことが実際に可能であることを保証します。

9月以来、サーフライダー財団は、この夏に水泳が始まるアレクサンダー3世橋の下で月に2回これらの測定を行っています。トライアスロンと水泳連盟が水泳を許可するために推奨するよりも高い、大腸菌と腸球菌の濃度率を明らかにする分析。

「これに関連する可能性のある健康上のリスク、胃腸炎、結膜炎があります。多くの場合、泳ぐとき、私たちは水を飲み込みます…体に傷がある場合は、黄金のブドウ球菌を捕まえることができます…」と、NGOのスポーツおよび環境プロジェクトマネージャーであるルーシー・セガラスがリストアップしています。

県はその結果に反応した。彼女によると、それらはここ数ヶ月の大雨の結果です。彼女は、処理場の消毒ユニットは入浴期間外は稼働していないと付け加えた。建設は4月末まで完了しないため、保持盆地も動いていません。したがって、当局によると、今年の夏はセーヌで泳ぐことが可能になる。

6月から毎日分析

NGO SurfRiderは、この証拠を望んでおり、イベント中にセーヌ川の銀行へのアクセスの保証を求めています。この地域は、オリンピックに関連する開発のために5月中旬から閉鎖されます。

主催者側では、私たちは自分自身を擁護します。目標は冬ではなく夏に泳ぐことができることです、と、イル=ドフランス県の環境担当副地域ディレクターであるクレア・グリセは説明します。「入浴計画は、夏の期間、すなわち6月から9月の間に水泳を可能にするように開発されました。なぜなら、それらは特に有利な気候条件であり、9月末から3月末までの間に行うことができる分析は、水泳にとって好ましくない期間に対応しているため、実際にはそうではない水質を持っています。基準を満たしていません。しかし、私たちは水泳に専念する時期ではありません。»

分析は6月からセーヌで毎日行われ、クレア・グリセと約束し、ゲーム中に1日に2つの分析を行います。

https://www.rfi.fr/fr/france/20240409-jo-2024-à-paris-les-eaux-de-la-seine-ne-sont-toujours-pas-assez-propres-pour-y-nager-selon-une-ong

 

Antenne France
Antenne France
記事本文: 888
Enable Notifications OK No thanks