パリ2024オリンピック委員会がトーチベアラーの名前を明らかにする

5月8日のマルセイユから7月26日のパリでの開会式まで、約11,000人の有名人と匿名の人々がパリ2024のオリンピックの炎を運ぶために選ばれました。

パリ2024年のオリンピックの炎を運ぶ聖火ランナーのファーストネームが月曜日に明らかにされた。

その中には、選ばれるとは思ってもみなかった83歳の退職者、ジャン=クロード・ゴーヴァンなどがいます。

まだ週に4回走っているパリ近郊のヴァル・ドワーズ出身のこの多動スポーツマンは、パリ2024年のオリンピックの炎を運ぶことができる数少ない幸運な一人です。

パリ2024オリンピック委員会は、彼のプロフィールとコミュニティ活動へのコミットメントに感銘を受けました。

「それは素晴らしいニュースです。私はまだそれが本当かどうか疑問に思っているので、私は言葉を他の後ろに置くことができません」と彼はFranceinfoに語った。

10万人以上の候補者が聖火リレーを申請しましたが、5月8日から7月26日のセーヌ川での開会式まで、フランス全土で参加するのは11,000人だけです。

選ばれた他のすべての人と同様に、Gauvinは200メートル以上の炎を運ぶことになります。

「プライドと少しのストレス」

これは24歳のグウェネル・ポアロ・ロゼックにも当てはまります。

彼女にとって、それはフランス東部のオーブ地方にある彼女のアーチェリークラブでの14年間のボランティア活動に対する報酬です。

「それはゲームの歴史の一部であることを意味します。それは大きな誇りの源ですが、少しのストレスもあります、それはとても大きなイベントです!彼女はフランスインフォに語った。

オリンピックは7月26日から8月11日まで開催されます。パラリンピックは8月28日から9月8日まで開催されます。

https://www.rfi.fr/en/sports/20240116-paris-2024-olympics-committee-to-reveal-names-of-torch-bearers

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1530
Enable Notifications OK No thanks