パリは、オリンピックのために特別に建てられた唯一の都心部の会場を発表します

パリ当局は、この夏のオリンピックとパラリンピックのために、フランスの首都内で最初で唯一の専用会場を発足させました。

パリで最も貧しい地域の1つであるポルト・ド・ラ・シャペルのアディダス・アリーナは、大会が始まる約5ヶ月前に準備ができており、「稼働」している、と主催者は日曜日に述べた。

会場では、2024年オリンピック中にバドミントンと新体操のイベント、パラリンピックのバドミントンと重量挙げイベントが開催されます。

パリ議会は、市の準備と、無視された地域を活性化するためにスポーツメガイベントを使用するというコミットメントの両方の兆候として、新しい会場を歓迎しました。

主催者は、他のオリンピック開催都市と同じくらい多くの専用の建物を建設することを意図的に反対した。

2024年の主な建設工事には、約15,000人のアスリートや関係者を収容するオリンピック村と、新しいスイミングプールが含まれます。どちらもパリ市域外、北部郊外に位置しています。

8,000人用の部屋

最大8,000人の観客を収容できる新しいアリーナは、建設に約1億3800万ユーロの費用がかかりました。

年間約280万ユーロの価値があると言われているドイツのスポーツウェアブランドとの有利なパートナーシップを通じて、アディダスの名を冠しています。

当局は、リサイクル素材で建設され、緑の屋根を特徴とする「持続可能な」オリンピックを開催したいという都市の願望の象徴でもあると言います。

2024年2月11日、パリ北部のアディダス・アリーナの外の景色。© AP / ティボー・カミュ
2024年2月11日、パリ北部のアディダス・アリーナの外の景色。© AP / ティボー・カミュ

認知障害に苦しむ人々のための「感覚室」を持つフランスで最初のアリーナになります。

大会後、会場は大規模なコンサートやスポーツイベントを開催する予定です。また、パリバスケットボールクラブの本拠地にもなります。

会場の隣にある2つの体育館は、地域社会にスポーツ施設を提供する、と評議会は述べた。

都市変革

ポルト・ド・ラ・シャペルは、パリで最も荒れた地区の1つとして定評がある。伝統的に労働者階級は、近年、警察によって定期的に一掃されるその場しのぎのキャンプに住む何百人もの移民や亡命希望者の家となっています。

アン・イダルゴ市長は、かつて「ノーゴーゾーン」と表現されていた地域が現在変容し始めていることを「誇りに思う」と述べた。

「人々が私たちをからかう前に」と彼女は言った。「変化は可能だ」

しかし、一部のオブザーバーは、評議会の活性化プロジェクトのノックオン効果について懸念を表明しています。

ホームレスの慈善団体は、ホームレスや移民キャンプやスラム街を一掃することで、ゲームに先立って首都とその周辺地域で「社会浄化」作戦を行っていると地方自治体を非難している。

長期的には、再開発がジェントル化を加速し、パリのすでに高い家賃を押し上げると警告する人もいます。

(AP付き)

https://www.rfi.fr/en/france/20240211-paris-unveils-its-only-venue-built-specially-for-the-olympics

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1516
Enable Notifications OK No thanks