原子力:エネルギー転換の物議を醸す資産

今週の終わりに、ドイツは最後の3つのアクティブな原子炉を切断しますが、他のヨーロッパ諸国は代わりにエネルギー移行を成功させるために原子を復活させようとしています。

ベルリンは、ウクライナ戦争とガス危機のために原子力発電の終了を延期した。電力不足の脅威は後退し、ヨーロッパの主要経済大国は原子なしで対処する能力があると信じています。電力消費量の3分の1をカバーするためにまだ石炭が必要な場合は残念です。ライン川を渡って、炭素排出量を削減するための原子の美徳が後れを取っています。

エネルギー移行における原子力の役割は、依然として27、さらには全世界を分断しています。原子を最初に選択した31カ国は、炭化水素が不足していたため、戦略的な理由でそうしました。今日、建設中の原子炉の面で世界で最初の国である中国は、最初にエネルギー自律性にアクセスするために原子力を選択しました。それはフランスを導いたのと同じ推論です。

福島津波の後、セキュリティが再びメインカーソルになりました

これは、既存の発電所を維持し、他の発電所の建設をあきらめるドイツとスイスに当てはまります。そして、これは昨年12月まで日本にも当てはまりました。一方、他の国は原子力への新しい改宗者となり、福島からの圧力を受けてプロジェクトをあきらめていません。これはバングラデシュ、ベラルーシ、エジプト、インド、イラン、スロバキア、またはトルコの場合です。これらの国はすべて、非常に競争力のある価格でターンキー発電所を提供するロシアの民間原子力チャンピオンRosatomの顧客です。その間、ロシアは原子の世界的な推進者になったからです。中国国外で建設中の発電所の主要事業者です。彼の顧客は明らかにチェルノブイリの記憶に悩まされていない。

原子は、エネルギー遷移に照らして新しい存在意義を発見しました

フランスの経験は彼に有利に嘆願している。フランスの発電所は1キロワット時あたり4グラムを放出する。原子から電力の80%を生産するフランスは、昨年1キロワット時あたり53グラムの炭素を排出し、ドイツは石炭火力発電所のために400グラムのCO2を排出しました。

電力生産による世界平均排出量は、2022年に436グラムのCO2に減少した。ポーランド、チェコ共和国、インドは、石炭なしでより良くするために原子力発電を選択しました。日本は12月、電力不足のリスクに直面し、炭素排出量を削減するという約束を果たすために、発電所を再開することを決定した。

経済的には、原子力は再生可能エネルギーに追い越されている

国際エネルギー機関の計算によると、太陽光または風力のキロワット/時間あたりの価格は、現在、原子力の2〜3倍低くなっています。民間原子の未思慮のままである放射性廃棄物管理のような非常に長期的なコストは言うまでもありません。再び競争力を持つためには、原子は成長を再開する必要があります。

しかし、専門家は、世界市場はコストと技術に実質的な進歩をもたらすほどダイナミックではないと考えています。臆病なルネッサンスが進行中であっても、原子力発電は2050年に世界の電力需要の8%以上を供給するとは予想されていません。今日は10%です。

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/aujourd-hui-l-économie/20230412-nucléaire-un-atout-controversé-de-la-transition-énergétique

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1153
Enable Notifications OK No thanks