フランスが最新鋭の軍事通信衛星を打ち上げ

(Photo)土曜日にフランス領ギアナのクールーを離陸した衛星「シラキュース4A」。©欧州宇宙機関/AFP/File

フランスは土曜日に軍事衛星の打ち上げに成功しました。この衛星は、世界中のすべてのフランス軍が迅速かつ安全に通信できるように設計されています。

 

「シラキュース4A」を搭載したアリアン5ロケットは、土曜日の深夜にフランス領ギアナのクールーを離陸し、離陸後38分41秒でミッションを達成しました。

フランス空軍・宇宙軍のスポークスマン、ステファン・スペット大佐は、「この衛星は、地上や宇宙からの軍事的攻撃や干渉に対抗できるように設計されている」と述べた。

この衛星は、近くの環境を調査し、攻撃から逃れるために自ら動くことができる。

打ち上げを担当するアリアンスペース社は、ミッションの説明文の中で、「最新の設備(アンチジャミングアンテナとデジタルトランスペアレントプロセッサを搭載)により、シラキュース4Aは、極端なジャミング手法に対して高い耐性を保証する」と記している。

フランスは土曜日に軍事衛星の打ち上げに成功した。この衛星は、世界中のすべてのフランス軍が迅速かつ安全に通信できるように設計されている。

衛星「シラキュース4A」を搭載したアリアン5ロケットは、土曜日の深夜にフランス領ギアナのクールーから離陸し、離陸後38分41秒でミッションを達成した。

フランス空軍・宇宙軍のスポークスマン、ステファン・スペット大佐は、「この衛星は、地上や宇宙からの軍事的攻撃や干渉に対抗できるように設計されている」と述べた。

この衛星は、近くの環境を調査し、攻撃から逃れるために自ら動くことができる。

打ち上げを担当するアリアンスペース社は、ミッションの説明文の中で、「最新の設備(アンチジャミングアンテナとデジタルトランスペアレントプロセッサを搭載)により、シラキュース4Aは、極端なジャミング手法に対して高い耐性を保証する」と記している。

ジュネーブ安全保障政策センターの兵器拡散の専門家であるマーク・フィノー氏は、この衛星は核爆発による電磁パルスからも保護されていると説明している。

「これは、抑止が失敗した場合の最終警告のシナリオです」と付け加えた。

シラキュース計画には、総額約40億ユーロの投資がなされている。

宇宙軍司令部

フランスは2019年7月、ライバル国が新たな軍事的フロンティアと見られる宇宙技術に多額の投資を行っているという懸念から、宇宙軍司令部を創設した。

フランスは3月、衛星を守る能力を試すため、宇宙空間での初の軍事演習を開始し、「フランス軍にとって初めて、さらには欧州でも初めての試み」としている。

フランス政府は、ロシアが2017年に情報収集衛星Olymp-K(通称Louch)をフランス・イタリアの軍事衛星Athena-Fidusに接近させ、フローレンス・パルリー国防相が「スパイ行為」と呼んだことを非難している。

昨年、米国は、ロシアが宇宙から非破壊の対衛星兵器実験を行ったと主張した。

3月、エマニュエル・マクロン大統領のオフィスは、その後も同様の事件があったと述べたが、詳細は明らかにしなかった。

フランスの宇宙プログラムへの投資は、2019年から2025年の予算期間中に43億ユーロ(約1,000億円)に達するとされているが、これは米国や中国が支出する額に比べればほんのわずかだ。

(with AFP)

 

AntenneFranceとフランス国営放送局RFIの提携

https://www.rfi.fr/en/france/20211024-france-launches-state-of-art-military-communications-satellite