フランスの洞窟で見つかった最古のネアンデルタール人の彫刻

フランス、そしておそらくヨーロッパで知られている最古の洞窟彫刻は、ロワール渓谷で発見されました – 研究者がネアンデルタール人の年齢に少なくとも57,000年前にさかのぼるデザインを発見しました。

調査結果によると、水曜日にアメリカのジャーナルPLOS Oneで報告された、フィンガーフルートとも呼ばれる彫刻は、ホモサピエンスが西ヨーロッパに到着する前にさかのぼる。

それらは、ラ・ロッシュ・コタールの洞窟の最も長く、最も均一な壁のセクションに表示されます。

抽象的なデザインは「明らかに意図的」であり、「ネアンデルタール人の行動に関する私たちの知識に新しく非常に重要な貢献をした」と研究チームは書いた。

「これらの非比喩的なグラフィックエンティティのレイアウトは、組織的で意図的な構成であり、意識的なデザインと意図を生み出す思考プロセスの結果です。」

ロシュ・コタール洞窟は1846年にフランス中部のトゥールの近くで発見されましたが、サイトの所有者が何千年もの間入り口を塞いだシルトをクリアした1912年までほとんどアクセスできないままでした。

広範な考古学的発掘調査は2008年に始まり、現代人の祖先がこの地域に定住したと考えられている前に彫刻が行われたことを証明する年代測定技術が行われました。

「彫刻は57,000年以上前にさかのぼり、層序学のおかげで、おそらく約75,000年前、ヨーロッパではないにしても、これはフランスで最も古い装飾された洞窟となっています」と著者は別のプレスリリースに書いています。

フランスのCNRS研究所と研究に参加したレンヌ大学の声明によると、ほとんどの画像は指で追跡され、「非比喩的なデザインを表す」という。

岩にセットされた大きな化石や大きな表面に長い線を囲む指の衝撃で、かなり単純なものもあれば、より精巧なものもあります。

(ニュースワイヤー)

https://www.rfi.fr/en/france/20230625-oldest-known-neanderthal-engravings-found-in-french-cave

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1695
Enable Notifications OK No thanks