衛星による気候と健康リスクの予防

フランスのベンチャー企業が、将来の健康危機を予測して予防措置を講じたり、アフリカや世界のさまざまな沿岸地域の気候変動を予測したりするのに利用できる衛星画像解析技術を開発しました。

私たちの古き良き地球は、2023年には80億人以上の人々が暮らすようになります。世界の人口の変化により、公的機関、政治的意思決定者、民間企業は、住民の生活環境を改善しながら、将来の領土開発を予測する必要があります。

そこで、2016年にエクサン・プロヴァンスで誕生したフランスのスタートアップ「Diginove」が開発したのが、「TeleCense」という衛星画像解析装置です。この衛星画像処理・伝送・表示装置は、特定の地域の地理的・人口的データを解読し、相互に参照することを可能にします。

Diginove社の社長兼創設者であるMichel Bénet氏は、「すでにアフリカでは気候変動を予測するために使用されているこのリスク防止システムは、ナイジェリアでの伝染病の発生を特定することも可能です。

衛星画像では、地理的なデータと人口統計学的なデータを組み合わせて、過去の観測結果に基づいた予測を行うことができます」。例えば、衛星画像に写っている建物やインフラのフットプリントをもとに、人口統計学的なモデリングを用いてその地域の人口密度を推定し、将来の発展を判断することができます。また、さまざまなシナリオを作成する気候学者や科学者とも協力しています。このデータをもとに、環境災害時にどのようなインフラや人々が影響を受けるかを予測することができます。

私たちのシステムは、健康の分野でも機能します」とMichel Bénetは続けます。例えば、ナイジェリアでは、病気の有病率に関するデータと人口増加に関するデータを分析し、相互に参照することでソリューションを実現しています。衛星画像で確認した湿地帯に発生するマラリアの場合、テレセンスシステムによって該当地域の人口を算出し、緊急時にその地域に住む人々に必要な医療機器を提供することができます。

この革新的な衛星画像解析システムの用途は多岐にわたります。南アジア、南米、サハラ以南のアフリカでは、水の浄化、電力網の設置、地域住民への迷惑や環境への影響を抑えた工業用地の設置など、政府のプログラムを実施するためにこのシステムを利用することができます。さらに、TeleCenseは現在、モーリタニア、レユニオン、モーリシャス、コモロ、モルディブの様々な沿岸地域で、海面上昇を予測するために展開されています。

メールマガジン購読
Default image
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 639