フランス人の行く観光地ヌーヴェル・アキテーヌ2024最新情報

ヌーヴェル・アキテーヌ地方

ヌーヴェル・アキテーヌは、多様性に富んだ地域で、世界中からの訪問者と共有する歓迎の気持ちを持っています。この美しい地方には海、山、平原、歴史的な遺産、そしてフランス美食の宝石が詰まっています。ヌーヴェル・アキテーヌはフランスの歴史とノウハウに満ちた地域であり、比較的難しい言葉で表現すれば、「本物志向」の観光地です。パリから2時間でアクセス可能であり、持続可能な観光にも力を入れています。

バスク地方はユニークな文化で知られ、ヌーヴェル・アキテーヌは美食の宝庫です。ボルドーワインだけでなく、多くの村が美しいラベルを授与されるなど、地域全体が魅力的です。私たちは持続可能な観光にコミットしており、外国人観光客を歓迎し続けることを目指しています。観光は相互理解を促進し、地球環境への影響にも真剣に取り組むべき課題です。

アクセス

アクセス
アクセス

この地方はパリからのアクセスが良く、電車でシャルル・ド・ゴール駅から3時間、モンパルナス駅からTGVで2時間4分で到達できます。ボルドーからは列車で簡単に主要都市に移動できます。飛行機を利用する場合は15時間かかります。今日は、美食とノウハウに焦点を当て、ボルドーからビアリッツまでの2つの異なる旅程を紹介します。

ボルドー

ボルドー
ボルドー

最初の旅程では、ボルドーからビアリッツまでの2時間で地方の美食を楽しむことができます。ボルドーは2007年にユネスコ世界遺産に登録され、2015年にはヨーロッパのベスト・デスティネーションを獲得し、数々の賞を受賞しています。主要な観光スポットとしては、シテ・デュ・ヴァンやバサン・デ・リュミエールが挙げられます。ボルドーワインやアルカション流域の牡蠣など、地元の美食も楽しめます。また、カヌレもボルドーの特産品であり、生産者のヒストワール・バヤルドランやダントン・キュヴレも訪れてみる価値があります。

シテ・デュ・ヴァン

「シテ・デュ・ヴァン」は2016年に開館し、ワイン文化を称えるグラン勲章を受賞。同じく注目の「バサン・デ・リュミエール」は潜水艦基地跡で、2023年にダリア・ガウディ展、2024年2月からはゴッホ展が予定されています。

シテ・デュ・ヴァン詳細→

ボルドーの美食
ボルドーの美食

ボルドー地方の美食といえば、もちろん「ボルドーワイン」が外せません。ボルドーには街のあちこちに広がるブドウ畑があり、メドック、サン・テミリ、ソーテルヌなどへのアクセスも簡単です。アルカション流域の牡蠣は、ボルドーから電車または車で1時間かかる程近く、ル・ピラの町の近くにあります。そしてもちろん、ボルドーの代表的な特産品である「カヌレ」。これは外せない味覚の一つです。
ボルドーでは、カヌレの試食ツアーや料理教室も開催されており、観光客には様々な体験が用意されています。ボルドーには来年にオープン予定の5つ星ホテル、モンドリアンも注目されています。その後、ビアリッツへの移動をご案内し、バイヨンヌやサン・ジャン・ド・リュズなど美しい町を訪れることができます。

ボルドーのカヌレ

ボルドーには、カヌレの主要な生産者が2軒あります。ヒストワール・バヤルドラン(Histoire Bayardran)やダントン・キュイヴレ(Danton Cuivré)などの生産者も存在しています。観光局が主催するツアーでは、特産品やカヌレの試食が楽しめます。また、料理教室やカヌレの製作方法を学ぶ機会も提供されています。ボルドーでの新しい動きとして、来年11月にオープン予定の5つ星ホテル、モンドリアンのミニ・オープンが注目されます。このホテルには97の客室と、日本人シェフが経営するレストランがあり、フュージョン、マカーブル、ジャポネスム料理を提供します。

バスク地方

バスク
バスク

バスク地方のビアリッツに案内します。ビアリッツはかつては皇帝の邸宅があり、文学者のユージェニーも住んでいた華やかな貴族の街です。現在では、皇帝の邸宅であり、ハヤト・グループが経営する素晴らしいオテル・デュ・パレがあります。バイヨンヌをはじめとするビアリッツの美しい漁港サン・ジャン・ド・リュズなど、訪れる価値のある町がたくさんあります。サン=ジャン=ピエール=ド=ポルトは、スペインに渡る前にサンティアゴ・デ・コンポステーラへの道が合流する場所でもあります。

バスクの美食
バスクの美食

バスク地方の主な名物料理には、もちろん、地元で生産されるバイヨンヌの生ハム、エスペレット村で栽培され、ハウスで乾燥されるエスペレット唐辛子、この地方で人気のケーキのひとつであるバスクケーキがあります。バスク地方では、羊の乳を使ったチーズも生産されており、サルソンと呼ばれる一晩寝かせたチーズには、シャスーと呼ばれるヴィアージュで栽培されるブラックチェリーが添えられています。バスク地方は、もうひとつの確かな土地だと言われています。

ドルドーニュ

ドルドーニュ地方
ドルドーニュ地方

ドルドーニュ地方へはボルドーから入り、サン・ラート、オーモージュを経て、最終的にはオービュッソンで旅が終わります。ドルドーニュと言えども、歴史と美食の双方でフランスで最も観光客の多い地域の一つです。しかし、歴史に関しては先史時代から続いており、この渓谷と砂漠は、ラスコー洞窟などの先史時代の遺跡が集中していることでユネスコに登録されています。また、ドルドーニュ地方には中世の城が多くあり、ここでフランスとイギリスの間で行われた100年戦争の舞台となった地でもあります。今日、これらの城の多くは観光客に公開されています。さらに、多くの庭園も観光客に開放されています。また、日本で6月に国際発売されたビデオゲーム『ドルドーニュ』にも注目していただきたいです。このゲームには、ドルドーニュ地方の美しい風景が非常に牧歌的に描かれています。そして、ドルドーニュ地方のアンバサダーとして、ミシュランの星を獲得したシェフ、パスカル・モンバールを紹介したいと思います。彼は右側のラスコー遺跡の隣にあるレグリゼーヌで素晴らしい店を構え、特にプライベートディナーのためにラスコーで指揮を執るシェフでもあります。

ラスコー

ラスコー洞窟
ラスコー洞窟

国際洞窟芸術センターラスコー 4は、2016年に開館し、訪問者に8,000平方メートル以上の体験を提供しています。ツアーやデジタルタブレットを使用した自由な探索など、様々な展示エリアがあります。40万人以上が訪れ、20%は親子連れです。今年からは新しいプライベート・ツアーも始まり、親密な雰囲気でラスコーを発見できます。

ラスコー洞窟を詳しく

リモージュ

リモージュ
リモージュ

リモージュは最近、ユネスコの世界遺産に登録された町で、特に磁器に注力しています。列車で到着すると、まず美しい駅が目に入ります。昨年、フランス人が選ぶ「フランスで最も美しい駅」にも選ばれました。オードリー・トゥトゥが出演したシャネルの広告にも登場しています。
リモージュ・ベネディクタン駅について詳しく

リモージュはまた、非常に魅力的な歴史的中心街、多くのお店、そして「アール・エッフェル(Halles Eiffel)」と呼ばれる屋根付きのマーケットがある町でもあります。画家オーギュスト・ルノワールの生誕地でもあり、リモージュ美術館に通って絵を描いていました。リモージュの郊外にある「シャペル・サン・マルタン」と呼ばれるルレ・シャトーでは、ミシュランの星を獲得したシェフが非常に美味しい郷土料理を提供しています。

リモージュは磁器の都として知られています。国立の磁器博物館やアドリアン・デュ・ブーシェ美術館があり、ここは必見です。リモージュには今でも素晴らしい磁器メーカーがあり、特にベルナルド社は見学が可能です。東京在住のアルトゥール・ベルナルド氏に、ベルナルド社についてもっと詳しくお聞きしたいと思います。

オーブッソン

オーブッソン
オーブッソン

リモージュの後、ユネスコと専門知識の旅程の最後の訪問地は、クルーズ地方のオーブッソンです。世紀以来、タペストリーで有名な小さな町で、オービュッソンのタペストリーはユネスコの文化・無形遺産に登録されています。そして、この分類を受け、2016年にはCité internationale de la tapisserieがオープンし、今日ブッソンで見学することができます。

ジャン・フィリップがシテ・ド・ラ・タピスリーについて詳しく説明してくれるでしょうが、私はブッソン村も紹介したかった。ブッソン村は人口3500人の小さな町で、典型的なフランスの田舎町です。

シテ・ド・ラ・タピスリーについて詳しく

ヌーヴェル・アキテーヌ地方の他の観光地

ヌーヴェル・アキテーヌ地方の他の観光地
ヌーヴェル・アキテーヌ地方の他の観光地

特にスペインとの国境に位置するピレネー山脈は、毎年行われるツール・ド・フランスの舞台として知られています。

ボルドーから北へ1時間半の場所にあるコニャックでは、写真に見られるように、コニャックの名産地を訪れることができます。

コニャックの北に位置する大西洋岸のラ・ロシェールは美しい歴史的な町であり、最後に、パリから電車で1時間20分の距離にあるポワチエはアキテーヌ地方のアルプスの街で、重要な歴史的な遺産が広がっています。2024年に開催されるいくつかのイベントも挙げておきたい。

メドック・マラソンはワインの名だたるシャトーを通り抜けながら行われる変装ランニングイベントで、毎年6月にはガロッシュ河畔で行われるフェイト・ル・ヴァンも注目です。

そしてもちろん、ツール・ド・フランスはフランスの主要な国際イベントであり、今年はオリンピックのため6月末からスタートし、毎年ニヴェル・エキテーヌを通過します。

Antenne France
Antenne France
記事本文: 873
Enable Notifications OK No thanks