いよいよフランス映画祭開催

今年もフランス映画祭の季節がやってきました。
今年の会期は、6月21日(金)〜24日(月)と例年と少々異なりますので、ご注意ください。会場のある有楽町近辺では色々なタイアップ企画が行われています。また、東京会場が終了後、全国の日仏学院(アンスティチェ・フランス)でも上映されるようです。

さて、今回の映画祭で1本作品を紹介いたしましょう。

タイピスト

(配給:ギャガ)
2013年8月17日(土)より全国順次ロードショー
Populaire50年代末をテーマにしたファッション・ムービー。50年代のフランス人女性のファッションとアメリカ人と結婚したフランス人(60年代風のファッション)などの出演者のファッションが楽しめます。あの時代の色々な映画をパロディーにしたシーンも色々出てくるので、古くからのフランス映画ファンにも楽しめるのでは無いかと思います。

本作では「現代のオードリー・ヘップバーンの登場!」評されたデボラ・フランソワが主演です。田舎から出てきた、ちょっと鈍くさい役から、一躍スターダムにあがるところまで演じています。フランスらしいコメディーですが、誰でも楽しめる作品でしょう。

監督はこの作品が初の長編作品だそうですが、セザール賞にもノミネートされ活躍が期待されています。タイピストの競技大会のドキュメンタリーを見たことにより、この作品の構想が生まれ、様々な調査を開始したそうです。

監督インタビューはこちら

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. フランスの税金が安いという印象はないが、フランス国債が格下げの危機にあり、フランス大富豪連合は、高額…
  2. 最近話題の事業仕分けでいよいよ官庁が持っていた利権にメスが入ると巷では評価が高い様だ。一方科学技術分…
  3. ここのところ中国にあった製造工場を閉鎖し、フランスへ戻ってくる企業が出てきている。中国では人…
  4. 欧州中央銀行は理事会を開き、5500億円規模の増資を行うと発表した。この金額は、今の2倍の規模にあた…
  5. 今年あたり、友人がフランス人男性と結婚することになりそうです。彼女がフランス留学時代に知り合い、以来…
  6. 女性が社会に進出することで、経済的にはポジティブな点ばかりが着目されがちだが、女性が社会に出れば出る…
  7. 日本ではシニアの雇用が促進されるよう厚生労働省が様々な施策を講じており、定年の引き上げや継続雇用制度…
ページ上部へ戻る