いよいよフランス映画祭開催

今年もフランス映画祭の季節がやってきました。
今年の会期は、6月21日(金)〜24日(月)と例年と少々異なりますので、ご注意ください。会場のある有楽町近辺では色々なタイアップ企画が行われています。また、東京会場が終了後、全国の日仏学院(アンスティチェ・フランス)でも上映されるようです。

さて、今回の映画祭で1本作品を紹介いたしましょう。

タイピスト

(配給:ギャガ)
2013年8月17日(土)より全国順次ロードショー
Populaire50年代末をテーマにしたファッション・ムービー。50年代のフランス人女性のファッションとアメリカ人と結婚したフランス人(60年代風のファッション)などの出演者のファッションが楽しめます。あの時代の色々な映画をパロディーにしたシーンも色々出てくるので、古くからのフランス映画ファンにも楽しめるのでは無いかと思います。

本作では「現代のオードリー・ヘップバーンの登場!」評されたデボラ・フランソワが主演です。田舎から出てきた、ちょっと鈍くさい役から、一躍スターダムにあがるところまで演じています。フランスらしいコメディーですが、誰でも楽しめる作品でしょう。

監督はこの作品が初の長編作品だそうですが、セザール賞にもノミネートされ活躍が期待されています。タイピストの競技大会のドキュメンタリーを見たことにより、この作品の構想が生まれ、様々な調査を開始したそうです。

監督インタビューはこちら

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 最近話題の事業仕分けでいよいよ官庁が持っていた利権にメスが入ると巷では評価が高い様だ。一方科学技術分…
  2. フランスでは先日サルコジ大統領によって、パリを改造する都市計画「グランパリ」が発表された。 空港と…
  3. 日本ではシニアの雇用が促進されるよう厚生労働省が様々な施策を講じており、定年の引き上げや継続雇用制度…
  4. 市民の提案による国民投票は、イタリアやスイスで導入されているが、フランスではなかなか実現されてこなか…
  5. フランスの救助隊120人が救助装備と共に日本に到着し、救助にあたりましたが、あまり満足な活動が出来ず…
  6. アメリカの国債の格付けをスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が最高のAAAから一段階引き下げたこ…
  7. 現在日本からフランスへは、400以上の企業、約30900人が住んでいます。特にフランスなど海外に派遣…
ページ上部へ戻る